• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2021年5月14日

次回は2021年6月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

LINE

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用ください。

ソムリエつれづれ帳

第11回 「ブドウ畑の杭打ち」

ブドウ畑の杭打ち

秋の終わりから冬にかけてのブドウ畑は、葉が落ち、実もなくなって、畑で働く人々の姿も少なく、ひっそりと静かになります。そんな時期でも、ワイン生産者たちの仕事がなくなるわけではありません。ブドウの果実や葉の心配がなくなった分、翌年度の収穫に向けてブドウ樹の枝を選定したり、土作りをしたりとブドウを取り巻く環境を整える作業に時間を費やしているのです。

春が近づき、芽吹きの季節がやってくると、多くのシャトーで「杭打ち」を行っている様子が見られます。フランスのブドウ畑は「垣根仕立て」といって、畑の両脇に打ち立てた杭からワイヤーを張り、それに沿うようにブドウ樹を育てていくことが多いのですが、木製の杭は定期的に取り替える必要があるのです。

ボルドーでは、一見したところ腰ぐらいの高さの杭が多いのですが、アルザスやシャンパーニュ地方ではより高い位置で仕立てる地域もあります。そしてこれらの杭は、実は地中に埋まっている部分が非常に長く、地上に出ている部分の3倍以上になるものもあります。あまりの長さに、その全長を初めて見る方は、それが畑の杭だとは気づかないかもしれませんね。

最近では管理のしやすい鉄製の杭を使用する生産者も増えてきましたが、昔ながらの方法にこだわって、木製の杭を使い続けている方も多くいらっしゃいます。新しいヴィンテージを迎える準備が出来たら、芽吹きの季節ももうすぐそこです。

期間限定のお買い得情報

PICK UP

  • ランブロワジー、ミラズール、アラン・デュカス...名だたる3ツ星で引っ張りだこ!
  • クロ・ド・ルルス

  • 毎月50セット限定のオトクなワインセット!
  • 特選ワインセット

  • 日本ではここだけでしか買えない希少な貴腐ワイン!
  • デュックドソーテルヌ

  • 日本初上陸!ノルマンディー産最高級シードル!
  • ノルマンディー産最高級シードル

  • ノンアルコール特集!【送料無料】のお試しセットがお得!
  • ノンアルコールワイン特集

  • 特別な1本を、じっくりと時間をかけて楽しみたい方に。
  • コラヴァン

  • 5ツ星ホテル・有名航空会社御用達のミックスナッツ!
  • ファーストクラスミックス

  • シャンパーニュ製法で造られた、とっておきのスパークリングワイン!
  • クレマン・ド・ゲイスヴェラー

  • こだわりの燻製が生む究極ナッツ!
  • 究極ナッツ
PAGE TOP