• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Beausejour

シャトー・ボーセジュール

生産地 サンテミリオン地区
シャトー シャトー・ボーセジュール
タイプ 赤/フルボディ/濃厚で力強い、長期熟成型
格付け サンテミリオン1級B
栽培品種 メルロー70%、カベルネ・フラン20%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★(3点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★(3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) (1点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) 掲載なし

シャトー【カノン】【ボーセジュール・ベコ】などに囲まれた、サンテミリオン村西側の斜面に畑を持つシャトー・ボーセジュールこの一帯に1級シャトーが集まっていることからも、畑のポテンシャルの高さは間違いないところです。

元々は【ボーセジュール・ベコ】と同じシャトーだったところ、後に2つに分かれたという歴史があるため、この両シャトーは常に比較して語られることが多いようです。一方が“濃厚なモダンなタイプ”とされているのに対して、ボーセジュールはロバート・パーカー氏から“ミネラル主体で【オーゾンヌ】的な方向に傾倒している”と評されるなど、伝統的なスタイルを保っているのが特徴です。

また、サンテミリオンの格付けでは常に1級とされているにも関わらず、あまり日本で認知されていないのは、生産量が「年間約3万本」と低いため、目にする機会が極端に少ないことが大きく関係していると思われます。

ロバート・パーカー氏から「100点」という最高の評価を得て、人気が沸騰したため、今ではほとんど見かけることが出来なくなってしまった伝説のビンテージ<シャトー・ボーセジュール 1990年>。確かにこのワインが極めて高い評価を受けていることは間違いありませんが、それ以外のビンテージでも決して平凡なワインを造っているという訳ではありません。

“隠れた逸品”といった印象が強いシャトー・ボーセジュール。生産量が少ない1級シャトーとしては、今はまだ手が届く価格に留まっていると言えるでしょう。その実力、ぜひお早めにお試しください。

シャトー紹介・醸造工程

情熱溢れるオーナーの下で

ボーセジュールのシャトーです
こちらは醸造所の建物になります

秋晴れの土曜日。この日はサンテミリオン村近くにある、格付け“1級B”のシャトー・ボーセジュールの取材にお邪魔しました。

サンテミリオン村の西側にあるボーセジュールは、同じ1級Bに格付けされているシャトー【カノン】に隣接した土地にあり、「7ha」の畑を所有しています。ここはサンテミリオン村の中でも有名な【オーゾンヌ】の畑がある南側と並び、非常に評価が高い斜面です。

シャトーに到着すると、すぐにオーナーのデュフォー・ラガロッスさんが出迎えてくれて、「まずは畑の説明を」と、事務所の脇にあるテラスでお話を聞かせてくれました。

「サンテミリオンの1級シャトーの大部分がこの地域にあるのは、やはり他と比べて畑が良いからなんだ。ボーセジュールの畑も粘土質石灰岩の上にあり、日照が非常に良く申し分ない。ただし、これだけではダメで、一年間大事にブドウの木を手入れしてあげることで、そのテロワールの本領を発揮できるようになるんだよ。」

こうして、熱心に畑について語ってくれること約一時間! その姿からは情熱が溢れていて、オーナーがワイン作りに真剣に取り組んでいることが伝わってくるようでした。

事務所の隣のテラスから見たボーセジュールの畑。このあたりは1級シャトーが集まっていて、奥には1級Bのアンジェリュス
道を隔てたところには、シャトー【カノン】の畑があります
オーナーのデュフォー・ラガロッスさん。とても情熱的な方です

伝統的な手法を守り続けて

全て手摘みで収穫されたボーセジュールのブドウは、醸造所まで運ばれ、選果台での選果、除梗の後、コンクリートタンクへ入れられます。

「ワインの醸造には、コンクリートタンクが一番適していると思っている。ステンレスは外気の影響を受けやすいため、醗酵中の温度を少し低めにしておかないといけないが、その点、コンクリートは外気の影響を受けにくい。木製タンクも同じ利点があるが、メンテナンスが大変なんだ。」

少し古びて見えるコンクリートタンクの中を覗いてみると、キラキラと結晶化した酒石酸水素カリウムがこびりついていて、長い間しっかりと使い込まれてきたことが見て取れます。

醸造方法に関しては至って伝統的で、決して特別なことをしている訳ではないそうです。アルコール発酵と果皮浸漬が合計3~4週間続き、その後、マロラクティック醗酵もタンクの中で行います。

すぐにブレンドを行った後、フレンチオークの樽に入れて、約16ヶ月間の熟成へと移ります。熟成中にも、伝統的に3ヶ月に1度の澱引き、卵白を使用してのコラージュも行い、ようやく瓶詰めとなります。

「ちょっとカーブを見に行きましょう!」とデュフォー・ラガロッスさんに連れられて、石切り場の後を利用したカーブに連れて行ってもらいました。中に入るとひんやりと涼しく、ところ狭しとワインが並んでいます。オールドビンテージのワインも沢山あり、ここでゆっくりと静かに熟成を続けていました。

温度管理のためのパイプ。この中には、冷ます場合は冷水が、暖める場合は温水が流れるようになっています
ステンレスタンクも所有しているのですが、こちらはブレンドの際に使用するだけで醸造は行わないそうです
垂直式の圧搾機。近年購入した最新のものだそうで、より品質の高いプレスワインが得られるようになったのだとか
コンクリート製のタンク。見た目は古いのですが、充分に良いワインが生み出せるのだそうです
区画に合わせてタンクの大きさを変えています。正面が大きな区画用で、左手が小さな区画用。高さが違うのが分かります
コンクリート製の発酵タンクの中。樹脂加工はせず、コンクリートがむき出しです。酒石が結晶化しているのが分かるでしょうか

幻と化している<1990年>

樽貯蔵室の様子です

わずか「7ha」という小規模シャトーのボーセジュール。他の1級シャトーと比べて少し地味な印象があり、認知度も低いのですが、ここで生み出されるワインはその格付けに相応しいだけの品質となっています。

中でも<シャトー・ボーセジュール 1990年>は、かのロバート・パーカー氏から100点が付けられ、その味わいが大絶賛されているほどなのです。

また現在では、有名醸造家であるミッシェル・ロラン氏もシャトーへのコンサルタントとして招かれており、今後ますます注目を集めていくシャトーであることは間違いありません。

樽貯蔵室のサン・ヴァレリの木像。フランスのブドウ栽培者の守護聖人はサン・ヴァンサンですが、サンテミリオンではサン・ヴァレリなのです
古いビンテージのワインも豊富にあるのですが、ビンテージによっては残り少ないものも
ラベルが貼られていないハーフボトル、「ブラインドでビンテージを当てろ」と言われました(笑)。何とこの日は95年を開けてくれました!
石切り場跡に作られたカーブ
「これはカビですか?」と聞くと、「ワインにとって悪いカビではないよ」との答えでした
最後に一緒に乾杯させていただきました

シャトーの歴史

2つに分割されたシャトー

シャトー・ボーセジュールの歴史は非常に古く、ガロ・ロマン時代にはすでにブドウが植えられていた。その後、近くにあるサンマルタン教会の修道士たちがブドウの栽培とワイン作りを行い、カマルサックの領主であったジェール家に引き継がれていった。

1722年、ジャンヌ・ド・ジェールがカルル・ド・フィジャック家に嫁いだことにより、このブドウ畑はフィジャック家が所有していた【ドメーヌ・ド・ペイククー】の一部になった。

後にシャトーは別な所有者へと渡り、1823年からはピエール・ポラン・デュカルプが管理していた。

1869年、ピエールが他界したことにより、シャトーは2人の息子が引き継いだ。この時を境に、ボーセジュールは2つ分割され、一方がボーセジュールに、もう一方が隣接する【ボーセジュール・ベコ】となった。

この時から現在に至るまで、ボーセジュールは同じ一族が相続を続け、安定したワイン作りに励んでいる。

シャトーデータ

主要データ

Ch Beausejour
シャトー・ボーセジュール 33330 Saint-Emilion
http://www.chateau-beausejour.com/fr/index.html
格付け
サンテミリオン1級B
アペラシヨン
Saint-Emilion
総責任者
M. Duffau-Lagarrosse

畑について

畑面積 7ha
年間平均生産量 約3万本
作付け割合 メルロー 70%
カベルネ・フラン 20%
カベルネ・ソーヴィニヨン 10%
平均樹齢 約35年
植樹密度 約6,600本

醸造ついて

タンクの種類 コンクリートタンク
樽熟成の期間 約16ヶ月
新樽比率 約60%の新樽
PAGE TOP