• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年8月20日

次回は2019年9月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Canon

シャトー・カノン

生産地 サンテミリオン地区
シャトー シャトー・カノン
タイプ 赤/フルボディ/芳醇でフルボディ
格付け サンテミリオン1級B
栽培品種 メルロー75%、カベルネ・フラン25%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★(2点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★(3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) (1点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★☆(3.5点/5点満点中)

1760年、フランスの海軍に属していたジャック・カノン氏がこの土地を購入。ここがブドウ栽培に適していることを見抜き、当時ブドウ以外に植えられていた穀物などを抜き取り、全てブドウに植え替えました。それが現在のシャトー・カノンの基礎となりました。

その畑は、サンテミリオンでも最も優れた場所の一つである、【オーゾンヌ】【ベレール】【マグドレーヌ】【ボーセジュール・ベコ】といった1級シャトーが集まったサンテミリオンの南西部斜面に、「22ha」を所有しています。

こうした好条件から、かつてはカノンのワインは【シュヴァル・ブラン】【オーゾンヌ】と比べても引けを取らない“サンテミリオン最高級のワイン”として評価されていたのです。

カノンのワインには気品高い香りがあり、凝縮感に溢れ、顕著な樽香を持つ、男性的な特徴を持ちます。多くのタンニンのお陰で非常に長命であり、熟成を経るとなめし革、杉、甘いプルーンの香りが印象的と評されるようになっていきます。

この名門シャトーのワインは、ぜひともその真価が発揮されてくる、十分な熟成を経たオールド・ヴィンテージを楽しんみてください。

シャトー紹介・醸造工程

有名ブランド「シャネル」が所有

カノンのシャトー全景。オーナー一族のシャネルの筆頭株主ヴェルタイマー家も年に何度かは訪れるそうです

サンテミリオン地区の“コート”と呼ばれる石灰岩の厚い層が地下にある丘陵部には、サンテミリオンで1級の格付けとされている13のシャトーのほとんどが集中している土地になります。方角で言うと、ちょうどサンテミリオン村から見て南西側にあたります。

このシャトー・カノンも、その13のシャトーの一つです。メドック地区の2級シャトー【ローザン・セグラ】と同様に、1996年からはあの有名ブランド「シャネル」のオーナーでもあるヴェルテメール家がオーナーとなっていることでも話題となりました。

シャトー・カノンの畑は、【ボーセジュール・ベコ】【ボーセジュール・デュフォー・ラ・ガロス】に隣接したところに広がっており、合計「22ha」の面積があります。比較的小規模のシャトーが多いサンテミリオンでは、大規模な部類に入るでしょう。

その土壌のほとんどは有名な粘土質石灰岩ですが、一部には砂礫質のところもあるそうです。畑は傾斜が強い部分と緩やかな部分に分かれていて、緩やかな部分には全体の75%を占めるメルローが植えられ、傾斜が強い部分もしくは粘土質ではなく砂礫質の部分には、全体の25%を占めるカベルネ・フランを植えているそうです。

シャトー・カノンでも、多くの有名シャトーが最近取り組んでいる“リュット・レゾネ(減農薬栽培)”を取り入れています。

ブドウ畑の地図。植え替えが行われているため、この地図はもう正確ではなくなったのだとか
シャトーの隣にある区画。サンテミリオンの塔の方向に見えるのもカノンの畑で、どちらも植え替えを行っています
カノンのすぐ隣にある1級シャトー・ボーセジュール・ベコ

徹底した品質管理を行う

ブドウの収穫は、毎年20人ほどが参加して、ある程度は病果や不良果を取り除きながら、全て手摘みで行います。2002年から取り入れられた容量20kgのカジェットに入れられ、醸造所へと運ばれていきます。醸造所ではバイブレーター式の選果台に移され、さらに2回の選果を行って、良いブドウだけを選りすぐるのです。

健全なブドウの粒はユニークなステンレスの機材に入れられて、エレベーターで木製タンク上部まで運ばれ、タンク上部の穴から重力を使って落としていくのです。これは、ポンプでブドウを吸い上げると余計なストレスがかかってしまうため、ポンプの使用を避けるために取られている方法です。

その後、18基あるフレンチオーク製タンクでアルコール発酵を約7日、果皮浸漬を10~18日行います。これが終了するとワインの引抜をして、6基あるステンレスタンクを使ってマロラクティック発酵へと移ります。この工程は、良い果汁だと認めたものに関しては樽の中で行っているそうです。

マロラクティック発酵の終了後、ステンレスタンクの中の果汁は樽に入れられ、18~20ヶ月間の熟成に入ります。新樽の比率はヴィンテージによって調整されますが、大体50~60%を使用しています。最初の約4ヶ月間は品種ごとに分かれていますが、後でブレンドを行い、残りの熟成期間はブレンドされた状態での熟成が続けられます。

熟成中には3ヵ月ごとの澱引きを行い、卵白によってコラージュを行います。瓶詰め前には濾過はせず、そのまま自社製の瓶詰めの機械で瓶詰めを行っています。

選果されたブドウの粒をタンクまで運ぶ、ユニークなステンレスの機材
アルコール発酵用のフレンチオーク製タンク。地下にはステンレスタンクが
2006年に木製タンクに変わって、10基のステンレスタンクが導入されました
ステンレスタンクは、2層式で外気の影響を受けにくく、木製タンクと同様の台形型なのが特徴です
樽貯蔵室。ちょうど2005年のワインにウイアージュを行っていました
シャトー地下にある石切り場の跡。サンテミリオン村のコート部分では、以前は石灰岩を切り出していました
こちらも樽貯蔵室です
カノンの石切り場の跡は、他と比べて湿度が高すぎるそうで、現在は使用してません
訪問者のために、こうしたデコレーションがされています

改革の成果は間もなく現れる

2004年に植え替えられたまだ若いブドウの樹。このような若い樹が多く見られます
シャトー地下にあるカーブ。オーナーのワインが保管されています

カノンのブドウ畑に行くと、植え替えが行われたばかりの若いブドウの樹が数多く目に付きます。シャトーのすぐ隣の区画やサンテミリオン村に上っていく斜面の部分など、一見とても良さそうに思える区画が植え替えを行っているのです。

このため、せっかく「22ha」と大きな畑を所有しているにも関わらず、2005年にはその8割程度の17.5haからしか収穫できなかったのだとか。グランヴァンに使用できるようなブドウが出来るまで、ほぼ10年の月日が必要となるのですから、まだしばらくはこのような状態が続くことになります。

このような将来を見据えた大規模な植え替えができるのも、シャネルというしっかりとしたオーナーがいるからこそでしょう。シャネルがシャトー・カノンを購入したのが1996年のことでしたから、まだ10年に満たないのです。今後、様々な改革の成果が現れてくることが予想され、これからの成長に期待できるシャトーだと言えるでしょう。

シャトーの歴史

「シャネル社」の投資で生まれ変わる

今日シャトー・カノンと言う名前で知られているこのシャトーは、“ドメーヌ・ドゥ・サンマルタン”という名前で、サンテミリオンの城壁に向かうように存在していた。

1760年、海軍に属していたジャック・カノンは、当時の所有者であるビエ家からこのドメーヌを買い取り、住居であるシャトー、樽貯蔵室、醸造所などの建設を始めた。中でも特に城壁に囲まれたブドウ畑の改善に熱心に取り組んだ。

1770年、シャトーはボルドーの有力なネゴシアンであったレイモン・フォントモワン社に売却され、さらに1919年にはフルニエ家に売却された。

そして1996年、シャトー・カノンは現在のオーナーであるシャネル社に購入された。シャネル社は、それに先立つ1994年に購入していたマルゴー地区の2級シャトー【ローザン・セグラ】と同様に多大な投資を行い、ブドウ畑の改善、醸造所の改良などに取り組んだ。

現在、【ローザン・セグラ】と同じく、以前はシャトー【ラトゥール】の支配人であったジョン・コラザが中心となってワイン作りを行っている。

シャトーデータ

主要データ

Ch Canon
シャトー・カノン BP22 33330 Saint-Emilion
http://www.chateaucanon.com/
格付け
サンテミリオン1級B
アペラシヨン
Saint-Emilion
総責任者
John KOLASA

畑について

畑面積 22ha
年間平均生産量 約3万本(Ch Canon),3~4万本(Clos Canon)
作付け割合 メルロー 75%
カベルネ・フラン 25%
平均樹齢 約30年
植樹密度 約5,500本

醸造ついて

タンクの種類 木製タンクとステンレスタンク
樽熟成の期間 18~20ヶ月
新樽比率 50~60%の新樽
PAGE TOP