• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年5月16日

次回は2019年6月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Branaire Ducru

シャトー・ブラネール・デュクリュ

生産地 メドック地区 サンジュリアン
シャトー シャトー・ブラネール・デュクリュ
タイプ 赤/フルボディ/スパイシーで深みあり
格付け メドック4級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィ二ヨン70%、メルロー22%、カベルネフラン4%、プティヴェルド4%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★(3点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★(3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★(4点/5点満点中)

シャトー・ブラネール・デュクリュのシャトーは、サンジュリアンの入り口に【ベイシュヴェル】と並んで建っており、慎ましい門から眺めた姿はひときわ美しいことで知られています。また、この城館には現在でもオーナーが住んでいる、今では珍しくなったタイプのシャトーでもあります。

“通好み”と評されることが多いこのシャトーのワインは、ロアルト・ダールの「Taste(味)」の逸話が有名です。ある晩餐会の席で出されたワインをブラインド・テイスティングで当てると招待客の一人が言い出し、見事に正解した(実はこれにはカラクリがあったのですが)のが、このブラネール・デュクリュのワインだったというのです。

これは作者に確かめてみないと分かりませんが、ロバート・パーカー氏が、「ブラネール・デュクリュのワインには独特の個性があり、サンジュリアンにしてはとりわけスパイシーであり、ほとんどエキゾチックと言えるアロマはスパイス、オーク、ヴァニリンを思わせるし、味わってみると、しばしば突出した、独特のチョコレートのような成分が感じられるため、ブラインド・テイスティングでも比較的簡単に識別できる」 こう評したことに由来しているのかもしれません。

現在のオーナーであるパトリック・マロトー氏が購入した後からのことばかりが取り上げられることが多いのですが、それ以前にも決して低評価のワインを生産していた訳ではありませんでした。現にフランスで絶大な人気を誇る「ギッド・アシェット」でも、80年代は84年と87年を除く全てのワインが“良好なビンテージ”として、また“現在が飲み頃のビンテージ”として取り上げられているのですから。

シャトー紹介・醸造工程

有力シャトーが集まる一帯に

マルゴーからD2号線を北上し、オーメドック地区を抜けたところからサンジュリアン・アペラシヨンが始まります。その入り口にあるのが、帆を半分下げた船のラベルで有名な、4級シャトー【ベイシュヴェル】。そのちょうど向かいにあるのが、同じく4級シャトーのブラネール・デュクリュです。

この地域には、この2つのシャトー以外にも、2級シャトー【デュクリュ・ボーカイユー】、4級シャトー【サンピエール】などの有力シャトーが集まっています。サンジュリアンの中でも、北側の【レオヴィル・ラスカーズ】などが集まっている一帯と並んで、素晴らしいブドウ畑があることで知られているのです。

ブラネール・デュクリュは、そんな好立地の場所に合計「50ha」のブドウ畑を所有しています。ディレクターのヴィドーさんの説明によると、ここのブドウ畑は、すぐ近くにあるデュクリュ・ボーカイユと比べてかなり平坦ですが、ガロンヌ川によって運ばれてきた珪土質の砂利が多く砂礫質であるため、水はけが良いのが特徴だとか。また、海抜「約21m」と比較的高めのため、日照量も多くなり、良いブドウが出来るのだそうです。

栽培品種は、カベルネ・ソーヴィ二ヨンが70%、メルローが22%、プティ・ヴェルドとカベルネ・フランが4%ずつ植えられており、平均樹齢は約35年、1ha当たり10,000本と植樹密度を高めています。

ブラネール・デュクリュのシャトー全景
樽貯蔵室にあるブラネール・デュクリュの紋章です
オーナーのパトリック・マロトー氏

最新技術をいち早く導入

醸造所。斜面にあるため、手前側の収穫口は1階ですが、奥のステンレスタンクは地下一階の位置に
1階部分にある収穫口と選果台

ブドウの収穫は手摘みで行われ、畑の中に移動式の選果台を設置して、すぐに選果を行います。選果されたブドウは、潰れないように、荷台が浅めになっているトラクターに乗せられて醸造所まで運ばれていきます。

1階部分にある収穫口から搬入されたブドウは、除梗前に2度目の選果が行われ、除梗、破砕をしてから、地下1階部分に設置されている「28基」のステンレスタンクへと、重力を利用して移動させられていきます。

ブドウの収穫口を上階に作り、ブドウの実にストレスを与えないように重力でタンクへと移動させるという仕組みは、今では数多くのシャトーで採用されるようになってきました。ブラネール・デュクリュの醸造所では、1991年の全面改装の際に、他のシャトーに先駆けてこのシステムを真っ先に取り入れたことでも知られています。

ここでは、低温マセレーションは行っていません。必要な年にのみ酵母添加を行っているそうですが、通常は自然酵母によって、約28℃の温度でアルコール発酵を行っています。アルコール発酵と果皮浸漬の期間は18日~24日。常に試飲を行うことで、果皮浸漬の長さを決定しています。

これが終了すると、ステンレスタンクの下に作られたコンクリートタンクへワインがそのまま移動し(ステンレスタンクが上側にあるため、蓋を開けると重力で移動するのです)、マロラクティック発酵を行います。

タンク内の温度をコントロールするテーブルです
ステンレスタンクの下には、コンクリートタンクの扉が見えます
プレスワインはここでマロラクティック発酵を行います
除梗後のブドウ粒はここに落ちます。潰さないようポンプの使用を避け、このビスが回転することで移動させています
これは空気圧式の圧搾機です
地下部分にあるステンレスタンク

使用する樽メーカーはほぼ1社のみ

樽貯蔵室の様子
画像右下に「M-」の文字が。これが中の焼き付け具合を表しています

マロラクティック発酵が終了した後、ワインは50~60%の新樽に入れられ、合計16~18ヶ月間の熟成に入ります。

通常のシャトーでは様々な樽メーカーから樽を購入するケースがほとんどです。樽によってワインに付く香りや味が異なってくるため、最終的にブレンドした際にワインが複雑な味わいとなるようにという狙いがあるためです。

しかし、ここで使用する樽の約90%はタランソーというメーカーのもので、毎年3社の樽メーカーの樽を少量ずつ実験的に使用しているそうです。ここまで1社の比率が高いのは珍しいことだと言えるでしょう。

ヴィドーさんの話では、「確かに樽メーカーはほぼ1社ですが、樽メーカーに様々な産地のオークを使用させて、焼き付けも少しずつ変えさせることで、結果的に様々な樽メーカーから購入したのと同じ効果が得られているんです」とのことでした。

焼き付けは微妙に違えていますが、大半はミディアム・マイナスと、少し弱めにしています。これはワインに樽香が付きすぎて、フルーティさやエレガントを失わさせないための配慮からだそうです。

澱引きは4ヶ月に1回と、通常のシャトーよりも少しだけ間隔が長め。コラージュは卵白を用いて行いながら熟成を続け、これが終了後、瓶詰めとなります。

先見性を持った改装が成功

ブラネール・デュクリュの広報であるナタリーさん

このシャトーの醸造所は、1991年の改装時には、先進的な設備が話題となりましたが、時代が進むにつれて、さすがに最新式とは言いにくくなってしまいました。しかし、なるべくポンプの使用を避け、ワイン自体の重量によって移動させられる設備を所有しているシャトーはまだ少ないのですから、当時の改装がいかに先見性を持った、的確なものだったかを証明しています。

シャトーの歴史

創始者の祖母の父の名前に由来

17世紀末、ジャン・バティスト・ブラネールがベイシュベルの敷地の一部を買い取ったことから、シャトー・ブラネール・デュクリュの歴史が始まる。

当時はまだワイン作りを行っていなかったのだが、1817年、彼の娘マリーがブールディュの平屋を購入。1818年には、その息子たちであるルイとジュスタンが、サン・ローラン、サン・ジュリアン、キュサックの土地を相続しする。1824年、彼らは母を迎え入れるために平屋にシャトーを造り、祖母の父の名ブラネールと名づけた。

1855年、ナポレオン3世の命により、パリ万博用にボルドーワインの格付けが行われた。ワインの仲買人たちが責任者となり、多少の変更はあったものの今日に知られている格付けを完成することになったのだが、ブラネール・デュクリュは4級と格付けされ、以前より一層高貴なものと認められるようになった。

再び家族経営に戻る

その後、身内の中でシャトーは相続されていくことになるが、1899年、ルイ・デュリュックの妹ゼリエ・ラヴェの死後、カルボニエ・ドゥ・マルザック侯爵、ラヴェ伯爵、ペリエ・ドゥ・ラルザン伯爵という3人の甥が相続することとなった。彼らの貴族の冠が、今もなおブラネール・デュクリュのチケットの四隅を飾っている。

1919年、シャトーは売却されることとなり、ここからオーナーは何度か移り変わった。1988年、シャトー・ブラネール・デュクリュは、パトリック・マロトーの家族グループのものとなり、サン・ジュリアンの新しい歴史の出発点となった。

シャトーデータ

主要データ

Ch Branaire Ducru
シャトー・ブラネール・デュクリュ 33250 Saint-Julien
http://www.branaire.com/
格付け
メドック4級
アペラシヨン
Saint Julien
総責任者
Jean Dominique Videau

畑について

畑面積 50ha
年間平均生産量 約30万本
作付け割合 カベルネ・ソーヴィ二ヨン 70%
メルロー 22%
カベルネフラン 4%
プティヴェルド 4%
平均樹齢 約35年
植樹密度 約10,000本

醸造ついて

タンクの種類 ステンレスタンクとコンクリートタンク
樽熟成の期間 約16~18ヶ月
新樽比率と樽の素材 約50~60%の新樽
PAGE TOP