• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年3月15日

次回は2019年4月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Ducru Beaucaillou

シャトー・デュクリュ・ボーカイユー

生産地 メドック地区 サンジュリアン
シャトー シャトー・デュクリュ・ボーカイユー
タイプ 赤/フルボディ/優雅で繊細な香りとしっかりしたボディ
格付け 2級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー30%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

“2級であるが品質は1級に劣らない”というシャトーとして「スーパーセカンド」という言葉がよく聞かれるようになりました。シャトー・デュクリュ・ボーカイユーは、同じサンジュリアンにある【レオヴィル・ラスカーズ】と並んで、その代表的なシャトーとして名前が挙げられる存在です。

小高い丘の上に位置するデュクリュ・ボーカイユーのブドウ畑からは、眼下にジロンド川を見渡すことができ、ブドウ畑の真ん中には、ビクトリア調の美しいシャトーがそびえ立っています。優雅な雰囲気が漂っていて、とても印象的なシャトーです。

「ボーカイユー」とは“美しい砂利・小石”という意味で、その名前が示しているように、ブドウ畑には沢山の砂利が堆積しています。“水はけの良さ”は良いブドウを作り上げる一つの条件となりますが、この土壌を一目見ただけで高いレベルにあることは理解できるでしょう。

“エレガントでバランスが良く、気品漂う”と評されることが多いデュクリュ・ボーカイユー口に含むとしっかりとしたタンニンを感じるのですが、決して強すぎず、程よく仕上がっているのです。

「スーパーセカンド」と言われるシャトーの中でも、最もコストパフォーマンスが良いとされているだけに、お手頃な価格で上質のワインを味わいたい方には、ぜひ注目していただきたいシャトーだと言えるでしょう。

シャトー紹介・醸造工程

代表的な「スーパーセカンド」シャトー

デュクリュ・ボーカイユーの美しいシャトー

D2号線を北上し、サンジュリアン地区に入ると、その入り口部分には【ベイシュヴェル】の壮麗なシャトーが見えてきます。そこからさらに道を進むと、一面に広がるブドウ畑の中に、デュクリュ・ボーカイユーの優雅なシャトーが視界に入ってきます。

11月上旬にしては少し暖かかったこの日、予約を入れていた10時ちょうどにシャトーに到着すると、すぐに醸造責任者のレネさんが暖かく出迎えてくれました。

シャトーの説明は、ジロンド川に向かってややキツめの傾斜になっている、デュクリュ・ボーカイユーの畑の前から始まりました。

「ここの畑はジロンド川に近いため、春の霜の害を免れることができます。また、沢山の砂利が堆積している上に、傾斜の角度がきついので、とても水はけがいいんです。このテロワールがデュクリュ・ボーカイユーの偉大なワインを生み出す秘密ですね。」

確かにデュクリュ・ボーカイユーのブドウ畑は、すぐ近くにある【レオヴィル・ラスカーズ】【ラトゥール】と比較しても遜色ないほど、ジロンド川から近い場所にあります。その名前の元になった“ボーカイユー(美しい砂利・小石、の意味)”という言葉のとおり、多くの砂利が体積した、ワイン栽培には最適な土壌となっているのです。

シャトー正面にある庭園も豪華です
今回、説明してくれたレネさん。試飲の準備をしてくれています
デュクリュ・ボーカイユーの畑。奥にはジロンド川が。この傾斜が水はけを良くしている
ブドウ畑から見たシャトー
畑に沢山の砂利が堆積しているのがお分かりでしょうか
平均樹齢は35年。古いものだと70年というものもあるそうです

伝統的な醸造方法を守って

デュクリュ・ボーカイユーでは、ブドウの収穫は全て手摘みで行い、ブドウ畑の中で選果を行います。畑で選果を行うのは、醸造所まで移動させているごく短い時間であっても、状態の悪いブドウと健全なブドウを触れ合わすことが無いように、という配慮からなのだそうです。

一通り畑の説明を受けてから、醸造所の中へと向かいました。「2006年のワインの醸造が終わったところで、今ちょうど樽にワインを移し始めたところなんだよ。」とレネさんから説明がありました。その言葉どおり、醸造所内には新酒のフレッシュな香りが漂っていて、ワイン好きな方には堪らない雰囲気でした。

デュクリュ・ボーカイユーでは、醸造方法としては特に変わったことをしている訳ではありません。アルコール発酵、果皮浸漬が約2~3週間、その後タンクの中でマロラクティック発酵を行い、樽へ入れて合計18ヶ月間の熟成を行います。その間は3ヶ月に1度の澱引き、卵白を使用したコラージュを行い、瓶詰めとなるそうです。特に特徴的と言えるものはありませんが、昔からの伝統をしっかりと守り続けていることが伺えます。

収穫口付近に置かれていた除梗機です
1999年に完成した新しい樽貯蔵室。2005年のワインが熟成中でした
ステンレスタンク。他にコンクリートタンクも使用しています
空気圧式圧搾機。一番良いプレスワインが採れる「粕帽の上部20cm、下部5cm以外」の部分をこの機械で絞る
発酵が終わった後、ワインをこの地下タンクへ重力で移動させます。ポンプの使用は極力避けているそうです
新しい樽貯蔵室は、半地下の設計になっています。窓も無く、温度は常に低く保たれています
最新の樽貯蔵室では、樽と地面の間に隙間を作って樽下部の通気性を良くしているそうです
樽をふさぐ栓。ステンレスの周りにシリコンが付いている珍しい形で、これが一番密封性が高いのだとか
卵白でワイン中の不純物を取り除くコラージュ作業中でした。当日朝に農家から運ばれてくる有機卵のみ使用するそうです

“ワイン作りとは、美しい女性とのダンスである”

総責任者兼オーナーのブルーノさんが通りかかったため、レネさんも含めて記念写真を撮らせてもらいました

今回の訪問中に、レネさんに「1979年からここで働かれているそうですが、毎年同じことの繰り返しで飽きないですか?」と、ちょっと意地悪な質問をしてみました。その答えはと言うと、「全く飽きないですね。ワイン造りは毎年少しずつ違いますし、私は毎年とても楽しみながら造ってますから。ちょうど美しい女性とダンスを踊るようなものですよ。」と、とてもハイテンションで答えてくれました!

“ワイン作りとは、美しい女性とのダンスである” とてもいい言葉だと思いませんか?

デュクリュ・ボーカイユーのワインの品質の高さは、もう周知の事実です。それはきっと、素晴らしいテロワールを持っているという理由だけではなく、こうして造り手自身が楽しんでワイン造っているということも関係しているのかも知れませんね!!

木箱に焼印されたデュクリュ・ボーカイユーの名前とシャトー
オーナーのプライベートカーブの前に付けられた看板も同じマークです
こちらがプライベートカーブ。1800年代のワインまで相当数残っていました

シャトーの歴史

デュクリュ家とともに発展したシャトー

デュクリュ・ボーカイユーの歴史は、18世紀にまで遡る。

1720年、初代オーナーであったベルジェロン氏からデュクリュ家がシャトーを受け継いだ。その後、デュクリュ家は結婚を通じて、ボルドーの議会長などを輩出していたラヴェーズ家とも繋がりを持つことになる。

シャトー・デュクリュ・ボーカイユーは、デュクリュ家の下で健全な管理が続けられ、1855年の格付けでは2級を獲得することになった。

その後、デュクリュ家は、ブドウ畑をダッシエー夫人に売却する。ダッシエー夫人は1866年にジョンストン家のナタニエルと結婚し、シャトーはジョンストン家の所有となる。ジョンストン家は、ブドウ畑と醸造所の改良、2つのヴィクトリア風の塔の建設、庭の場所転換などを行った。

1942年、シャトーは現在のオーナーであるボリー家のフランシスの手に渡り、現在はボリー家のブルーノ・ユジェーヌがシャトー代表を務めている。

シャトーデータ

主要データ

Ch Ducru Beaucaillou
シャトー・デュクリュ・ボーカイユー 33250 Saint-Julien-Beychevelle
http://www.chateau-ducru-beaucaillou.com/
格付け
2級
アペラシヨン
Saint-Julien
総責任者
M. Bruno Eugene

畑について

畑面積 55 ha
年間平均生産量 約21万本
作付け割合 カベルネ・ソーヴィニヨン 70%
メルロー 30%
平均樹齢 約35年
植樹密度 約10,000本

醸造ついて

タンクの種類 ステンレスタンク、コンクリートタンク
樽熟成の期間 約18ヶ月
新樽比率 約50~80%の新樽
PAGE TOP