• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Marquis de Terme

シャトー・マルキ・ド・テルム

生産地 メドック地区 マルゴー
シャトー シャトー・マルキ・ド・テルム
タイプ 赤/フルボディ/色調の濃い、肉厚で素晴らしいブーケを持つワイン
格付け メドック4級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロ35%、プティ・ヴェルド7%、カベルネ・フラン3%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★(2点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★(3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) 評価なし
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★(3点/5点満点中)

シャトー・マルキ・ド・テルムは、マルゴー村の4級シャトーです。シャトー名は、1800年代初めにこのシャトーを所有していた貴族ペギルハムの公爵名からとられていて、「テルム」とは“ローマの浴場”という意味だそうです。

19世紀から20世紀の前半、シャトーは困難な時期にあったため、いくつかの所有者の手にわたっていきましたが、1935年、セネクローズ家がシャトーを購入し、現在も一族が経営に当たっています。

シャトー・マルキ・ド・テルムは、マルゴー村の格付けシャトーにも関わらず、海外での知名度は決して高くありません。これは、以前はフランス国内の個人顧客向けに販売されるのみで、他の国へはほとんど出回っていなかったためなのです。また、シャトーの建物も質素なものであり、そういった意味からも注目を集める機会が少なかったのも事実です。

しかし、その味わいは4級の格付けに相応しく、色調の濃い、肉厚で素晴らしいブーケを持つワインに仕上がっています。熟成が遅めで非常に長命なことでも知られており、マルゴーの中でも異質なシャトーだと言えるかもしれません。

シャトー紹介・醸造工程


このページは現在準備中です。

シャトーの歴史

公爵の名前がシャトー名の由来に

1762年、ピエール・デ・ムジュー・ド・ローザンの姪、エリザベット・ド・ルドゥ・ド・アンプレが、ガスコーニュの貴族でテルム公爵のフランソワ・ド・ペギラン・ド・ラブストと結婚した。その際に、彼は妻の持参財産だったいくつかの畑を統合し、シャトーに自らの公爵名を名付けた。

1855年、ナポレオン三世が万国博覧会のために作成を命じた格付けの際には、シャトー・マルキ・ド・テルムは第4級とされた。

19世紀から20世紀の前半、シャトーは困難な時期を迎え、いくつかの所有者の手にわたっていった。そして1935年、現在のオーナーの父親であるピエール・セネクローズがシャトーを購入した。

シャトーデータ

主要データ

Ch La Marquis de Terme
シャトー・マルキ・ド・テルム
33112 Saint-Laurent-Medoc
http://www.chateau-marquis-de-terme.com
格付け
メドック4級
アペラシヨン
Margaux
総責任者
Pierre-Louis
Philippe Seneclauze

畑について

畑面積 39ha
年間平均生産量 13万本
作付け割合
平均樹齢
植樹密度

醸造ついて

タンクの種類
樽熟成の期間 16ヶ月
新樽比率と樽の素材 50%
PAGE TOP