• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Malescot Saint-Exupery

シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ

生産地 メドック地区 マルゴー
シャトー シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ
タイプ 赤/フルボディ/深みがあり純粋な濃密さを備えた良質なマルゴー、フレッシュでエレガント
格付け メドック3級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロ35%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド5%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★(3点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★(3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) (1点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★(4点/5点満点中)

シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリは、マルゴー村の3級シャトーです。

17世紀末からこのシャトーを所有していた、ルイ14世の顧問まで勤めたシモン・マレスコと、その後でシャトーを買い取ったジャン・バプティスト・サン・テグジュぺリ伯爵、この両者の名前から現在のシャトー名となりました。

ちなみに、このジャン・バプティスト・サン・テグジュぺリ伯爵とは、「星の王子様」「夜間飛行」などの作品で有名な作家であり、飛行士でもあったアントワン・ド・サン・テグジュペリの曽祖父に当たる人物です。

1855年の格付け当時はその品質を高く評価されており、3級という格付けを得ていたのですが、その後のフィロキセラによる被害や二つの大きな戦争の影響から、一時はほとんど廃墟同然という状態にまで没落していたこともありました。

しかし、1955年にズジェール家が買取り、多大な投資と地道な努力を積み重ね、名門復活のために心血を注いできました。このため、現在では3級の格付けに見合った、品質の高いワインを作り始めていると再評価されてきており、「ジネステ・ブック」では、あの【マルゴー】と同等な評価を受けるまでになりました。

日本ではあまり知名度が高くないシャトーですが、3級格付けの実力は本物です。一度お試しいただく価値はあるワインでしょう。

シャトー紹介・醸造工程


このページは現在準備中です。

シャトーの歴史

サン・テグジュペリの曽祖父が経営

1697年、当時のシャトー所有者であったルイズ・エスクセは、ルイ14世の顧問だったシモン・マレスコにシャトーの土地を売り渡した。その後、領地は広げられるとともに、彼の子孫により修道院と作業所が建てられ、1世紀以上にわたった引き継がれていった。

1827年、すでにマルゴーにあるロヤック地区のブドウ畑を所有していたジャン・バプティスト・サン・テグジュぺリ伯爵がシャトー・マレスコの買手となった。彼は、飛行士であり作家としても有名なアントワン・ド・サン・テグジュペリの曽祖父で、シャトーの名前をシャトー・マレスコ・サン・テグジュぺリとする。

しかし、贅沢な暮らしぶりを続けた結果、1853年、ジャン・バプティストの未亡人はついにシャトーを競売にかけることを余儀なくされた。その頃の資料では、すでに当時の格付けで3級とされており、土地の80%はブドウ畑となっていたことが記されている。

シャトーを購入したフォルカードとボワサックの手によって、1870年には名門の名に恥じないほど、施設は改修される。近代的な発酵タンクの設置、厳密な収穫作業など、メドック地方において他のシャトーのモデルとなっていた。しかし、1901年にはシャトーを売却、これ以降はめまぐるしく所有者が変わる、非常に困難な時期が続いた。

ズジェール家によって復興される

19世紀後半になると、フィロキセラによる被害や二つの大きな戦争の影響により、経営はますます厳しくなっていった。オーナーとなっていたスイス系のズジェール家は、この財政危機を乗り越え、名声を取り戻すべく、三世代にわたって努力を重ねてきた。シャトー・マレスコ・サン・テグジュぺリが復興したのも彼らの尽力によるところが大きいだろう。

現在では、ブドウ畑の管理からワイン作りに至るまで、ロジャー・ズジェールの息子であるジャン・ルックが行っている。

シャトーデータ

主要データ

Ch Malescot Saint-Exupery
シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリ
33460 Margaux
http://www.malescot.com/
格付け
メドック3級
アペラシヨン
Margaux
総責任者
Jean-Luc Zuger

畑について

畑面積 28ha
年間平均生産量 12万本
作付け割合 カベルネ・ソーヴィニヨン 50%
メルロー 35%
カベルネ・フラン 10%
プティ・ヴェルド 5%
平均樹齢
植樹密度

醸造ついて

タンクの種類
樽熟成の期間 12~14ヶ月
新樽比率と樽の素材 100%
PAGE TOP