• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年3月15日

次回は2019年4月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Brane Cantenac

シャトー・ブラーヌ・カントナック

生産地 メドック地区 マルゴー
シャトー シャトー・ブラーヌ・カントナック
タイプ 赤/フルボディ/やわらかいスタイルのワイン
格付け メドック2級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィ二ヨン65%、メルロー30%、カベルネフラン5%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★ (3点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★ (3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★ (2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★ (4点/5点満点中)

シャトー・ブラーヌ・カントナックは、ボルドーで最も有名なワインの造り手一族であるリュルトン家が所有する実力派シャトーです。シャトー名は、1855年の格付け前からの所有者だったブラーヌ男爵の名にちなんでいます。

カントナック台地の最良の部分にある90haの畑は、メドックでも最大級の規模を誇っています。特徴的な5つの土壌の区画を持ち、それぞれの地質の特性を活かしたブドウ栽培がなされています。

1993年にオーナーとなったアンリ・リュルトン氏は、妥協を一切許さないワイン造りにその情熱を傾けています。醸造学の勉強に打ち込み、新しい技術を積極的に取り入れ、また畑の改良を進めたことで、このシャトーの評価を一段と高めてきているのです。

そのワインは、マルゴー地区の中でもエレガントで柔らかなスタイル。果実味に富み、タンニンが果実味に溶け込んでいます。

このシャトーは、他の2級シャトーと比べて知名度は低いのですが、品質が急上昇していることから“マルゴーの期待の新星”として大きな注目を集めています。また、ボルドーの格付けシャトーの中でも“最もお値打ち品の一つ”とも評されているのです。有名だが味は今ひとつのワインも多い中、リーズナブルな美味しいワインを探す方にはオススメできるワインです。

シャトー紹介・醸造工程

有名なリュルトン家が所有する実力派シャトー

シャトー全景。この中にリュシアン・リュルトン氏が住んでいます

マルゴー地区にある“プラトー・ド・カントナック(カントナックの台地、の意)”。その南端に、隣の【カントナック・ブラウン】の派手なシャトーとは対象的に、こじんまりとした印象の2級シャトー・ブラーヌ・カントナックがあります。

ブラーヌ・カントナックは、ボルドーでは有名なリュルトン家が所有するシャトーの一つで、その中でも卓越した品質を誇ることで知られています。シャトー内には、現在のオーナーであるアンリ・リュルトン氏の父にあたり、【クリマンス】や【デュルフォール・ヴィヴァン】など、数々のシャトーを手に入れたことでも有名なリュシアン・リュルトン氏が今でも住んでいます。

それぞれ特徴的な5つの区画

畑の地質を表した地図。オレンジ色が「タイプ4」で、色々な区画があることが分かります
総責任者のカドヴィルさん。大変気さくな方であり、ワイン作りに関してとても研究熱心な方でした

ブラーヌ・カントナックの「90ha」の畑は、5つの区画に大別されます。最も品質的に良いワインが出来るのが、プラトー上にある区画です。最高で「海抜22m」という高さを誇るこの区画は砂利質で、最も深いところでは約12m下にまで粘土に混じりながら砂利があるのだそうです。

シャトー内を案内してくれた総責任者のカドヴィルさんの話では、このような地質のところを“タイプ4”と呼んでいて、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが植えられています。ブラーヌ・カントナックのワインに使用されるブドウは、主にこの区画からのものになるのだとか。

シャトー裏側は砂を含んだ粘土質で、10年前にカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローに植え替えたばかりの新しい区画です。“ノット”という区画は、15年前に排水工事を行い新しく植え替えたところで、砂利が多くて非常に良い土壌だとか。マルゴー村とアルサック村にまたがる“ヴェルドット”と呼ばれる区画は、砂利と砂が混じっていて、カベルネ・ソーヴィ二ヨンのみが植えられています。

そして最後に、スーサッン村にある“マラン”という区画で栽培されたブドウは、主にセカンドワインに使用されるということでした。

栽培されている品種の比率は、カベルネ・ソーヴィニヨンが65%、メルローが30%、カベルネ・フランが5%。最近、マルゴー地区のシャトーが盛んに栽培するようになってきているプティヴェルドは一切植えていないのだそうです。

カドヴィルさんの話によると、「もともとプティヴェルドはジロンド川に近い水分の多い畑に植えられていた品種であり、現在多くのシャトーが行っているような砂利質の痩せたブドウ畑に植える品種ではないと思っている」とのことでした。

間引きは行わず、収穫も土壌ごとに

現在のオーナーでもあるアンリ・リュルトン氏がこのシャトーを購入した1993年、ブドウ畑に関して真っ先に行ったのが、ブドウの樹の嵩上げだったそうです。全体的に約20cm、そして多いところでは30cmの嵩上げを行ったといいます。

またこのシャトーでは間引きは行っておらず、芽かきの時点で多めに芽を取り除き、収穫制限を行っているそうです。

カドヴィルさんの話では、「間引きをしてしまうと、どうしても次の年にその反動がきて多くの房をつけるため、1回始めてしまうとずっと続けないといけない」 そんな欠点があるのだそうです。そして、間引きには多くの人出が必要になり、当然コストも多くかかります。ブドウの品質とコストの両面から考えて、リスクはあるのですが、ブラーヌ・カントナックでは敢えてこの方法を採用しているということです。

また、“収穫は区画ごとではなく、地質ごとに行っている”というのも大きな特徴でしょう。ブラーヌ・カントナックのブドウ畑は様々な地質を含んでいるため、多いところでは1つの区画の中に4種類もの地質が存在します。このため、同じ区画とはいっても、どうしても収穫時期が異なってしまうのだそうです。

畑にあるシャトーの看板。奥の方にシャトーが見えています
畑の様子。奥に向かって傾斜しています
シャトーを訪れている時に、ちょうどブドウの苗木が運ばれてきていました

いいワインを作るための様々な試み

収穫されたブドウはまずここに入れられて、重さが量られます
選果台。ここでは選果は除梗前の1回のみです

ブラーヌ・カントナックでは、収穫の速さを重視するため、他のシャトーのような容量の小さいカジェットは使用せず、比較的大きな収穫カゴでブドウを運んでいます。ブドウの実が完全に熟している場合は、果皮が厚くなっているため、このぐらいの容量であれば潰れることはないのだそうです。

ブドウ畑では選果まで行い、この方法で醸造所まで運びます。その後、除梗前の選果と破砕をしてタンクに運び入れます。

ここでは除梗後の選果はしていません。除梗機を専門に研究していたというカドヴィルさんにその理由を聞いてみると、「現在の除梗機には適正な量を守ってブドウを入れれば、果梗が残るということはほとんどない」とのこと。逆に、容量の小さいカジェットなどを使用して収穫し、少量ずつ除梗機にかけた時の方が果梗が残りやすいのだそうです。

木製とステンレス製のタンクにブドウが入れられた後、“ターボ・ピジャー”という特別な機器をしながら、低温マセレーションを行います。

その後はアルコール発酵です。アルコール発酵中は、ワインを循環させる「ルモンタージュ」、ワインをタンクから一度抜き取り、粕帽を空気に触れさせることにより、まろやかなタンニンを抽出するための「デレスタージュ」、そしてターボ・ピジャーを使用した「ピジャージュ」などの作業を行っていきます。

ターボ・ピジャージュを使用してのピジャージュに関しては、ブラーヌ・カントナックでは、2000年から新しくこのシステムを取り入れたのだそうです。実は、それ以前の1986年には、ブルゴーニュで使用されていた特殊なピジャージュ機能付のステンレスタンクを導入したのですが、あまり良い効果が得られなかったのだとか。システムを変更してから、以前よりもさらに色素、タンニンの抽出が効率よく行えたということでした。

アルコール発酵が終了後、果皮浸漬を行います。1993年からは、フリーランワインの中でも優れたものに関しては新樽でマロラクティック発酵を行い(残りはタンク)、プレスワインに関しては1度使用した樽の中で行います。

樽内マロラクティック発酵を始めた初期は、メルローのみを樽内で行っていたそうですが、実験を重ねた結果、樽の種類や焼付けを調整することにより、カベルネ・ソーヴィニヨンでもより効果的だという結果が得られたため、現在ではこちらにも採用しているそうです。ちなみに、樽は合計7社から購入し、焼付けはミディアム。新樽比率は約50~60%とのことです。

マロラクティック発酵が終了しても、すぐに澱引きは行わず、2ヶ月間シュール・リーを行います。ただしバトナージュ、ミクロビュラージュは行いません。合計18ヶ月間の樽熟成の間に澱引きは行いますが、不定期で行うとのこと。コラージュは伝統的な卵白を使用したやり方です。

これらの全ての過程が終了すると、いよいよ瓶詰めされて出荷の時を迎えます。

木製タンクとステンレスタンク
手前に木製、奥にコンクリート製タンクが。タンク室は3つに分かれています
ピジャージュ機能付のステンレスタンク。上部に粕帽を果汁へ漬け込むための装置が見えます
ターボ・ピジャー。これを粕帽に突き通し、一番下のワインが上部へと運ばれ、粕帽の上へと降りかけられます
樽貯蔵室の様子。スタッフの方が作業中でした
セカンドの樽。いつ澱引きされたかがメモされています

地味な印象ながらワインの評価は高い

試飲ルームの一角。試飲用のワインが用意されていました

ブラーヌ・カントナックには、どこかしら少し“マイナー”なイメージがありますが、実際のところ、作っているワインはとても高い評価を得ています。シャトー側も、その品質には自信を持っていますが、宣伝不足だということは感じているそうです。

しかし、無理な宣伝を繰り返して有名になっていくのではなく、地味ながらも良いワインを造り続けてくれれば、いずれは人気が出てくることは間違いないでしょう。“有名な割には美味しくないワイン”よりも、“無名だけど美味しいワイン”が好まれるのは当然のことですから、このままのスタイルを保って欲しいとも思います。

シャトーの歴史

“2級の中では最上位”と言われ続けて

このシャトーは、18世紀にゴルス家によって創立され、当時はシャトー名も「ゴルス」と名乗っていた。広い敷地でのブドウ栽培も順調で、1855年のワイン格付けでは、当時の相場により2級シャトーに格付けされた。

1833年、“ブドウ畑のナポレオン”との異名を持つブラーヌ男爵は、「ブラーヌ・ムートン(現在の【ムートン・ロートシルト】)」を売却後、カントナックを購入する。ブドウ栽培のパイオニアであった彼は、この土地の良さを見極め、その将来性の高さを見越していたのだ。1838年、ここをシャトーブラーヌ・カントナックと名付けた。

1866年、シャトー【ディッサン】の所有者でもあるロイ家に売却された後も、シャトーは繁栄し続けた。1914年には、1級シャトーと同等の売価となり、長い間“2級の中では最上位”と言われ続けることになる。

有名で熱意ある歴代の所有者たち

1920年、シャトー【マルゴー】【ジスクール】【ラグランジュ】などの所有者でもある「グラン・クリュ・ドゥ・フランス(仲買人やブドウ栽培者の企業連合)」が、このシャトーの所有者となった。

1925年、レオンス・レキャペとその娘の夫フランソワ・リュルトンは、ブラーヌ・カントナックの全てとシャトー・マルゴーの大部分を手に入れ、1956年、フランソワの息子のリュシアン・リュルトンがブラーヌ・カントナックを相続した。彼はシャトーの名声を確固たるものとしながら、他にもいくつかのグラン・クリュクラスやブルジョワクラスのシャトーを購入していった。

ボルドーの象徴的な存在ともなった彼は、1992年に財産を10人の息子に相続した。その一人であるアンリがブラーヌ・カントナックを財産管理をすることになり、ヴィンテージの質やこの地方の特質を考慮に入れながら、今あるブドウを永続させるためにワイン醸造学の勉強に打ち込んだ。積極的に新しい技術も取り入れ、優良な土地の性質や製造機材の進歩もあり、より質の高いワインを作り出すための努力を続けている。

シャトーデータ

主要データ

Ch Brane-Cantenac
シャトー・ブラーヌ・カントナック 33460 Cantenac
http://www.brane-cantenac.com/
格付け
メドック2級
アペラシヨン
Margaux
総責任者
Christophe CAPDEVILLE

畑について

畑面積 90ha
年間平均生産量 約30万本
作付け割合 カベルネ・ソーヴィ二ヨン 65%
メルロー 30%
カベルネフラン 5%
平均樹齢 約35年
植樹密度 約6,600~8,000本

醸造ついて

タンクの種類 木製タンク、ステンレスタンク、コンクリートタンク
樽熟成の期間 約18ヶ月
新樽比率 約50~60%の新樽
PAGE TOP