• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年3月15日

次回は2019年4月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

ジェニファーのワインに合う料理レシピ

第1回目「豚肉のレンズ豆煮込みジェニファー風」

豚肉のレンズ豆煮込みジェニファー風

豚肉のレンズ豆煮込みは、オーベルニュの名物料理ですが、現在ではフランスの全地域で作られています。

材料(2人分)

材料
  • レンズ豆(緑) 150g
  • 豚肩ロース肉(または骨付き肩肉)300g
  • ソーセージ 4本
  • 細切りベーコン 60g
  • ニンジン 1/2本
  • タマネギ 1/2本
  • ニンニク 2かけ
  • オリーブ油 大さじ1
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • 水 適量
  • 白ワイン(開封済みのものがあれば!)
    大さじ2~3
  • ローリエ 1枚
  • ニンニクとタマネギを炒める。

    ニンニクとタマネギを炒める
    ニンニクとタマネギを炒める

    深鍋にオリーブ油を入れて、薄切りにしたニンニクと四角く切ったタマネギを中火で3分間炒める。色が変わってきたら、ベーコンを加えて軽く炒める。

    (ワンポイントアドバイス!)

    翌日温め直すと、お肉がよりおいしくなるので、前日に作ってもよいですよ。仕事のある日にとても便利です!

  • 肉を焼く。

    肉を焼く
    焼いたら取り出しておきます。

    厚く(4~5cmに)切った肉と、切り目を入れたソーセージ、輪切りにしたニンジンを加え、塩・コショウをし、肉が鍋底によく当たるようにして10分間ほど焼く。

    (ちょっとしたコツ!)

    肉はあとでレンズ豆と一緒に煮込むので、完全に火が通っていなくても大丈夫。肉が鍋に少しくっついても、レンズ豆に肉のよい味が入るので、心配はいりません。

  • レンズ豆を煮る

    約20分間煮る。
    約20分間煮る。

    [2]の材料を取り出す。鍋にレンズ豆とかぶるくらいの水を加えてふたをするレンズ豆がつぶれない程度に十分膨らむまで約20分間煮る(時々かき混ぜる)。途中、水が足りなくなってきたら加える。

  • 弱火でじっくりと煮込む。

    出来上がり!
    出来上がり!

    塩・コショウをし、[2] の材料をレンズ豆に加え、ローリエ、あれば白ワインを加えてふたをし、レンズ豆をつぶさないように時々そっとかき混ぜながら、約20分間弱火で煮る。

    これで出来上がり!

最後に

名前が示しているように、フランスでは豚肉のレンズ豆煮込みは塩漬けした肉で作ります。実際フランスには、塩漬けした食材がいっぱいあります。肉や、例えばタラなどもそうです。そのため料理によっては、使う前に塩抜きしなければならないこともあります。日本には塩漬けした肉がないのでレシピによっては、日本で手に入る材料がフランス料理により使いやすいこともあります。そのままで使えるのですから!

この料理に合うお勧めワイン

レ・ザレ・ド・カントメルル<2005>
レ・ザレ・ド・カントメルル<2005>
比較的しっかりしたタンニンを持っており、果実味もたっぷりなワイン。
セカンドワインのため、熟成は必要とせず、現在飲んで美味しいワインです。豚肉の味わいにこのワインのタンニンがとてもマッチして料理を引き立てます。

期間限定のお買い得情報

PAGE TOP