• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Valandraud

シャトー・ヴァランドロー

生産地 サンテミリオン地区
シャトー シャトー・ヴァランドロー
タイプ 赤/フルボディ/豊富なタンニン、緻密で優雅なストラクチャーが特徴
格付け サンテミリオン1級B
栽培品種 メルロ70%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソーヴィニヨン2.5%、マルベック2.5%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

シャトー・ヴァランドローは、サンテミリオン地区で台頭してきている新進シャトーの代表的な存在です。

ワイン商として成功を収めたジャン・リュック・テュヌヴァンが、小さなブドウ畑を買取り、1,000ケースを少し超える程度の小規模シャトーを始めました。このワインがロバート・パーカー氏の目にとまり、驚くほどの高評価を受けたため価格も急上昇。一躍話題のシャトーとなったのです。

小さな醸造所で作られる「ガレージ・ワイン」、急激に評価を高めた「シンデレラ・ワイン」など、様々な呼び方をされていますが、新しい醸造技術を駆使して、歴史あるシャトーに劣らないような秀逸なワインを作っています。

その味わいには賛否両論があるようですが、シャトーが出来てから短い時間で商業的な成功を収めたシンデレラストーリーは、ワイン関係者の注目を集めており、今や1級シャトーを凌ぐほどの高値で取引されるようになっているのです。

豊富なタンニンと緻密で優雅なストラクチャーが特徴の、サンテミリオンワインのニューウェーブ。その実力を、ぜひ実際に確かめてみてください。

シャトー紹介・醸造工程


このページは現在準備中です。

シャトーの歴史

自分達の満足するワインを作るために

ワイン商として揺るぎない成功を収めたジャン・リュック・テュヌヴァンとムリエル・アンドローの二人は、次に“自分たちが本当に満足するワインを作り出す”ということに熱意を傾けていく。

1989年、二人は【パヴィ・マカン】と【ラ・クロット】の間の小谷に、わずか0.6haの畑を購入した。シャトーの名前は、「谷」を表す“ヴァル”と、1459年からサンテミリオンにある「アンドロー」の姓名からとって、シャトー・ヴァランドローと名付けられた。

その後、ジャン・リュック・テュヌヴァン夫妻は徐々に畑を広げていき、現在では8.9haを所有するまでに至っている。

“ガレージワイン”の元祖に

シャトー・ヴァランドローは、サンテミリオンのアペラシオンの中でもそれぞれが異なる地質の畑をもっているため、その地質と複数の種類のブドウの木により4種類のワイン作りが可能となった。

しかし、2000年のワイン生産に向けて、侵食作用を防ぐために、彼は2ha分の土地にカバーを掛けた。しかしそれが原因となって、国立原産地名称研究所(INAO)より、サンテミリオンのグラン・クリュの名でワインを販売することが禁じられてしまうという事件も起こった。

プリムールでつけられた値段は、ボルドーの第1級クラスに近いものとなる。まさにシャトー・ヴァランドローの成功が“ガレージワイン”と呼ばれるワインを生み出したと言えるだろう。

シャトーデータ


このページは現在準備中です。

PAGE TOP