• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Montrose

シャトー・モンローズ

生産地 メドック地区 サンテステフ
シャトー シャトー・モンローズ
タイプ 赤/フルボディ/力強いパワフルなワイン
格付け メドック2級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィ二ヨン65%、メルロー30%、カベルネフラン4%、プティ・ヴェルド1%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

メドックの主要地区で最北部にあるサンテステフの中で、常に最上のワインを造ってきているのがシャトー・モンローズです。かつて、その土地がヒースに覆われた荒野だった頃、開花すると一面が薔薇色に染まったことから、モン(山)ローズ(薔薇)と名付けられたとか。

畑は、眼下にジロンド川が見渡せる高台にあり、寒い時期にも川の反射熱により暖かく保たれるため、春先の霜の害も受けにくくなっています。また、砂利の下に石灰を多く含む粘土層があるという特殊な土壌も、上質のメルローを生み出すことに一役買っているのです。このため、メドック地区よりも右岸のワインが高く評価されるような年であっても、シャトー・モンローズは高く評価されることが多いのです。

ワイン造りに関しては、いたって伝統的な手法を守っています。流行の手法など「試したこともない」のだとか。立地条件と土壌の良さを信頼している証拠だと言えるかもしれません。

【ラトゥール】と並んで、“最も晩熟なワインの一つ”とされていましたが、1970年代後半から、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を減らして、メルローを増やし、従来よりも軽いスタイルへと変えていきました。しかし、86年以降は、再びモンローズらしい力強いスタイルに戻し、まさに“超大作”とも言われるワインを生み出してきています。

年によっては、1級シャトーと同格、もしくはそれを超える評価をされ、50年の熟成にも耐えるモンローズのワイン。ぜひオールド・ヴィンテージのワインでその実力を確かめてみてください。専門家たちは、ほんの5kmしか離れていない【ラトゥール】のワインとの比較を楽しみにしていると言いますから、その飲み比べも試してみたいものです。

シャトー紹介・醸造工程

サンテステフ村の最北部のシャトー

モンローズのシャトー全景
近づいて見てもこんなにきれいなシャトーです

メドックの有名アペラシヨンの中で、最も北部にあたるのがサンテステフ村です。この地域の格付けシャトーの中で、3級シャトー【カロン・セギュール】に次いで、北側に位置するのが2級シャトーのモンローズです。

シャトー街道であるD2号線を北上し、2級シャトー【コス・デストゥルネル】のところで北に向かって曲がり、そのまま直進すると、やがてジロンド川が眼下に見えてきます。ジロンド川まであとわずか400mというところにモンローズのシャトーがあります。

このモンローズという名前は、フランス語で“山”を意味する「mont」と、“薔薇”を意味する「rose」が組み合わさったもの。古くは、この地には沢山のヒースが植えられていて、開花時期になると一面が薔薇色に染まったため、この名前が付けられたのだそうです。

粘土層を含む、特殊で上質な畑

モンローズのブドウ畑は、さすがに山というまでのものではありませんが、ジロンド川に向かって大きく傾斜しているのが見て取れます。メドックの畑としては傾斜角度がきつめで、排水がよくなっています。また、畑から眼下にジロンド川が見渡せるような場所であるため、その影響で春先の霜の害を受けにくいなどの利点があり、好立地だといえるでしょう。

このような場所に、モンローズは合計「68.5ha」のブドウ畑を所有しており、カベルネ・ソーヴィニヨンが65%、メルローが30%、カベルネ・フランが4%、プティ・ヴェルドが1%という比率で植えられています。

ここの土壌は、表土が黒い砂が混じった砂利質(表面から約1~2mほど)で、その下側には石灰を多く含む粘土の層があります。

この粘土層があることで、サンテステフ村のシャトーの一部は、他の地区とは違った評価を受ける年があります。カベルネ・ソーヴィニヨンよりメルローが成功したヴィンテージ、つまりメドック地区よりもサンテミリオン地区のワインの方が高い評価を受けるようなヴィンテージであっても、この粘土層のため、サンテステフ村のいくつかのシャトーは高く評価されることがあります。モンローズもこれに該当するシャトーの一つなのです。

かなり以前のブドウ畑の地図。飛び地が無いため、地質が均一な点が最大のメリットです
モンローズの畑。奥にはジロンド川が。ジロンド川に向かって傾斜しています
畑には砂利が多いのが良く分かります

伝統的な造り方を守って

総責任者のラガリックさん(左)と、醸造責任者のローランさん(右)

モンローズのブドウは、手摘みで収穫された後、ブドウ畑の中で選果を行います。その後、ブドウ粒を潰さないように容量の少ないカジェットを使用して、醸造所まで運び、再度選果を行います。除梗・破砕を行った後、2000年に新しく造られた「36基」のステンレスタンクに入れられてアルコール発酵を行います。

この日、案内してくれた醸造責任者のローランさんに、酵母添加について伺ってみると、「通常は行わないが、例えば収穫時期に雨が降って酵母が流されてしまった場合は添加することもある」ということでした。

アルコール発酵中に、ワインをタンクから一度抜き取り、粕帽を空気に触れさせることによってまろやかなタンニンを抽出するための「デレスタージュ」を行うこと以外は、いたって伝統的な造り方を守っています。今は、マロラクティック発酵は“樽内”で行うはのが流行していますが、ここではあくまでも“タンク内”で行っています。流行の手法など「試したこともない」のだそうです。

マロラクティック発酵後、ワインは約65%の新樽、35%の一度使用した樽に入れられて、18ヶ月間の熟成に入ります。

この樽は合計4社から購入しているそうですが、最も多く使用しているのは「タランソー」のものなのだとか。試飲で比べてみた時、タランソーの樽が最もモンローズのワインに適していたということでした。

澱引きは、伝統的に3ヶ月に1度行い、コラージュは卵白を用いています。2年前までは自社製の機械で瓶詰めを行っていたそうですが、機械が古くなったことなどの理由から、今では専門の会社に委託するようにしているそうです。

収穫時期に使用する選果台と除梗機。オフで片付けてありました
現在も使用しているステンレスタンク
ここのステンレスタンクは、通常よりかなり横幅が広いのが特徴
樽貯蔵室。最初の6ヶ月間はここで熟成を続けます
樽貯蔵室に掲げられている紋章
2年目の樽貯蔵室。地下4mにあります

1級シャトーと同格かそれ以上のビンテージも

1990年や2000年を見ても分かるように、ヴィンテージによっては、モンローズは1級シャトーと同格、もしくはそれ以上の評価を受けるほど、素晴らしいワインを産出してきました。

このことについてローランさんに聞いてみると、「それはモンローズが持つブドウ畑のポテンシャルとその年の天候がピッタリあった証拠。決して驚くことではない」と、これはごく当たり前のことというような口ぶりです。モンローズの畑への信頼の高さが伺えるような、自信を持った表情でした。

シャトー内に飾られているワインの瓶
以前に使用していた木製タンク。他にもコンクリートタンクなどが見学者用に残してあります
これも以前に使っていた、樽の重さを量る秤。見学者用です

シャトーの歴史

デュムラン親子の情熱が実って

1778年、エチエンヌ・テオドール・デュムランは、サンテステフのジロンド河の河口に面した未開発の土地を購入する。“エスカルジョンの荒野”と呼ばれたその土地は、小潅木、ハリエニシダ、ヒースで覆われており、ヒースの開花時に特有の薔薇色の風景から、後にモンローズと名づけられることとなる。

その息子(父親と同名)の代に、砂利質の土壌にブドウ栽培の適正を見出し、ブドウ栽培を開始した。貯蔵庫などが建てられた後、1825年にはクラシックなスタイルとナポレオン1世時代の様式を調和した飾り気のない邸宅が建てられた。

当初は慎ましいものだったが、1832年にはブドウ栽培地は35haとなり、すぐにボルドー市場でモンローズのワインは有名になった。1855年の格付けの際、モンローズはメドックで2級に格付けされ、彼のワインに対する情熱は報われる形となった。

所有者は移るが品質は変わらずに

1866年、シャトーの所有者はデュムラン家からマチュー・ドルヒュスへと移る。新しい所有者の元、20年に渡るシャトーの大改修が行われた。建物は著しく大きくなり、老朽化した貯蔵庫も改築、ほぼ現在の様相を呈することとなった。また、ブドウ畑やワイン醸造方法も近代化されると同時に、当時としては珍しく、労働者たちの労働条件が改良された記録が残っている。

この頃のシャトーの敷地は、購入や隣人との土地交換によって、すでに現在と同じ面積(68.5ha)に達していた。

彼の死後の1887年、モンローズはシャトー・コス・デストゥルネルやシャトー・ポミーの所有者であるジャン・オスタンのものとなる。1896年、モンローズ最後の売却が、彼の娘の夫ルイ・シャルモリューへと行われ、現在も用いられている家紋がラベルに使用されるようになった。

その後の10年間、シャルモリュー家は戦時中の不景気、経済危機など、様々な困難に直面することとなった。しかし、当時の後継者の熱意や根気によって、今日でも知られている素晴らしいワインの質を保持することができたのだ。それから長きに渡って、ワインの専門家や関係者たちは、ほんの5kmほどしか離れていないシャトー【ラトゥール】のワインとの比較を楽しみ続けている。

新たなオーナーを迎えて

そして2006年4月、大手建設会社で、通信・メディアにも進出しているブイーググループオーナーのブイーグ兄弟がモンローズを買収した。その金額は推定「1億4千万ユーロ(約200億円)」、シャトーの新たな歴史が始まった。

シャトーデータ

主要データ

Ch Montrose
シャトー・モンローズ 33180 Saint-Estephe
http://www.chateau-montrose.com/
格付け
メドック2級
アペラシヨン
Saint-Estephe
総責任者
Philippe de Laguarigue

畑について

畑面積 68.5ha
年間平均生産量 約20万本
作付け割合 カベルネ・ソーヴィ二ヨン 65%
メルロー 30%
カベルネフラン 4%
プティ・ヴェルド 1%
平均樹齢 約40年
植樹密度 約9,000本

醸造ついて

タンクの種類 ステンレスタンク
樽熟成の期間 約18ヶ月
新樽比率 約65%の新樽
PAGE TOP