• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年5月16日

次回は2019年6月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

ジェニファーのワインに合う料理レシピ

第43回目「ラム骨付きロース ローズマリー風味のオーブン焼き」

ラム骨付きロース ローズマリー風味のオーブン焼き

フランスでは子羊にローズマリーとピンクペッパーを合わせるのが定番です!

材料(2人前)

材料
  • ラム骨付きロース 4枚
  • ズッキーニー 1本
  • パプリカ 1個
  • ミニトマト 4~6個
  • にんにく 3~4かけ
  • オリーブオイル 大さじ2~3
  • ローズマリー 1束
  • ピンクペッパー 1つまみ
  • ブラックペッパーホール 1つまみ
  • 塩 適量
  • 材料を切る。

    材料を切ります
    材料を切ります

    ズッキーニーは輪切りにし、パプリカは細いひも状に切ります。にんにくはナイフの平の部分で軽く潰します。

  • ローズマリーなどで香りづけする。

    ローズマリーなどで香りづけします
    ローズマリーなどで香りづけします

    オーブン型に全ての材料を入れ、最後に軽く潰したブラックペッパーとピンクペッパーをふり、オリーブオイルをかけ、ローズマリーなどの香りづけのため、30分~1時間置きます。

  • 骨付き肉を上に置き直す。

    骨付き肉を上に置き直します
    骨付き肉を上に置き直します

    焼く前に、子羊の骨付きの背肉は、綺麗に焼けるように材料の上に置き直します。

  • 出来上がり!

    出来上がり!
    出来上がり!

    210度で余熱したオーブンで25分間ぐらい焼き、出来上がりです♪

最後に

子羊の焼き方なのですが、日本で販売されているラム骨付きロースは、平均で1枚120グラムぐらいのものなので、レアは210度のオーブンで20分ぐらい、ミディアムは25分ぐらい、ウェルダンは30分ぐらいかかるという風に考えていただければと思います。大きめの子羊の骨付きの背肉なら、さらに数分焼いても良いでしょう。

フランスでは子羊に、ローズマリーとピンクペッパーを合わせるのが定番です。ピンクペッパーはペッパー類なのですが、優しい味わいをしています。今回のようにオリーブオイルと使う事で、よりデリケートな甘い風味になります。

フランスではピンクペッパーは、お魚にもよく合わせます。
例えば、グリルしたサーモンにピンクペッパーとレモン汁をかけるだけで美味しい味付けになります。カルパッチョにも合います。
フランス流のお刺身を作ろうと思ったらピンクペッパーは最適です。鯛のお刺身はグリーンサラダに添えて、オリーブオイルとバルザミコ酢(少々)と軽く潰したピンクペッパーをかけるだけで美味しいフランス流のお刺身サラダになります。日本のスーパーでも販売されているので、是非使ってみてください。

添えるお野菜はお好みのものでいいですよ~。もちろん今回のズッキーニーとパプリカは丸ごと使ってもいいです。量はお好みで調整してくださいね。

ではではbon appetit♪

PAGE TOP