• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

ジェニファーのワインに合う料理レシピ

第19回目「ステーク・ア・シュヴァル -Steack a cheval-」

ステーク・ア・シュヴァル -Steack a cheval-

フランス家庭料理の定番「ステーク・ア・シュヴァル」は、ブラッスリーでもよくいただく一品で、フランス人の大好物です!

材料(2人前)

材料
  • 牛肉のハンバーグ 2個
  • 卵 2個
  • オリーブオイル 少々
  • 塩とこしょう 適量

  • 【じゃがいものピューレの材料】
  • じゃがいも 3~4個
  • 生クリーム 100ml
  • バター 50グラム
  • トリュフ塩 適量
  • クレソン(あれば)適量
  • 「じゃがいものピューレの作り方」

    じゃがいものピューレを作る
    じゃがいものピューレを作る

    [01] じゃがいもを茹でます。
    [02] 皮をむき、ボウルでじゃがいもを潰します。
    [03] バターと生クリームとトリュフ塩を加え、滑らかになるまで混ぜます。

  • 「ステーク・ア・シュヴァルの作り方」

    ハンバーグを焼く
    ハンバーグを焼く

    [01] フライパンを熱してからハンバーグを入れ、お好みの焼き加減まで焼きます。


  • 卵を焼きます
    卵を焼きます

    [02] 同時に、別のフライパンにオリーブオイルを少しひき、卵を焼きます。


  • トリュフ塩をかけます
    トリュフ塩をかけます

    [03] [01] と [02] が仕上がる前にトリュフ塩とこしょうをふります。(トリュフ塩だけでもOKです)


  • 出来上がり!
    出来上がり!

    [04] お皿にハンバーグを乗せ、その上に目玉焼きを乗せます。ピューレとドレッシングをかけたクレッソンを添え、出来上がりです♪

最後に

フランス家庭料理の定番「ステーク・ア・シュヴァル」は、ブラッスリーでもよくいただく一品で、フランス人の大好物!目玉焼きの黄身と牛肉のハンバーグとのとろける食感が大人気です。

フランスでは、ハンバーグとは牛肉の粗挽き肉のみの、“つなぎ”のないものを指します。また、家庭で一から作るものではなく、お肉屋さんの機械でハンバーグに加工されたものを買って使用します。 つまり、完全にフランス流にしようと思ったら、牛肉の挽肉のみで作ることになるのですが、つなぎのある日本風のハンバーグでもいいのではないでしょうか。フランス流では、お肉の味わいがしっかりとしていますが、慣れない方には少し濃く感じるかもしれません。

ちなみに料理名の「シュヴァル(cheval)」とは、フランス語で“馬”のことです。でも、馬肉を使っているわけではなく、目玉焼きをハンバーグの上に乗せているので、こういった表現がされるようになりました。

お子さんにとても人気があるメニューで、特にピューレやフレンチフライの付け合わせにすると相性バツグン!ピューレは温かいままいただきたいですから、早めに作った場合にはボウルをアルミホイルでフタをし、160℃のオーブンで保温します。

材料は、クレソンの代わりにお好みでサラダ菜を使ってもいいですね。
また、トリュフ塩がなければ、普通のお塩でかまいません。
ぜひしっかりしたボディの赤ワインをご用意の上、お楽しみください。卵とお肉との相性バツグンです!

PAGE TOP