• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch L'Eglise Clinet

シャトー・レグリーズ・クリネ

生産地 ポムロール地区
シャトー シャトー・レグリーズ・クリネ
タイプ 赤/フルボディ/緻密なタンニン、厚みがある高貴なポムロール
格付け なし
栽培品種 メルロ80%、カベルネ・フラン20%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★★(3点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

シャトー・レグリーズ・クリネは、ポムロール地区の道しるべのような存在となっている“教会(レグリーズと言います)”から名前をとったいくつかのシャトーの中で、最も高い評価を受けているシャトーです。

畑の面積は非常に小さいのですが、ここの最大の特徴は、樹齢が古いブドウの木が数多く残されていることでしょう。ポムロールでは、1956年に記録的な大冷害に見舞われ、多くの木が枯死してしまったため、多くのシャトーは植え替えを行いました。しかし、シャトー・レグリーズ・クリネでは植え替えを行わず、そのまま木を畑に残して蘇生を待ったのです。すると、見事に大部分が甦り、現在のような立派な老木が生き残ることができたのです。

シャトーの経営は、デュラントー家が代々行っていますが、意欲的な“アーティスト醸造家”とも評されるドニ・デュラントーの代になってから評価は急上昇を続けています。

生産本数が少なく、なかなか目にすることが出来ないワインです。ぜひお試しください。

シャトー紹介・醸造工程


このページは現在準備中です。

シャトーの歴史

18世紀から所有者が変わず

1882年、ドゥニ・デュラントーの曽々祖父にあたるモレオン・ロシュが、「クロ・ド・レグリーズ」の畑と「クリネ」の畑を統合し、シャトー・レグリーズ・クリネが誕生した。なお「レグリーズ」とは“教会”という意味。

18世紀からは、デュラントー家がシャトーを所有。同家では、ポムロールのサン・ジャン教会の周りにも4.5haの畑を所有している。

シャトーデータ

主要データ

Ch L'Eglise Clinet
シャトー・レグリース・クリネ
33500 Pomerol
http://www.eglise-clinet.com
格付け
なし
アペラシヨン
Pomerol
総責任者
Denis Durantou

畑について

畑面積 5.5ha
年間平均生産量 1.2~1.5万本
作付け割合 メルロー 90%
カベルネ・フラン 10%
平均樹齢
植樹密度

醸造ついて

タンクの種類
樽熟成の期間
新樽比率と樽の素材
PAGE TOP