• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年3月15日

次回は2019年4月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Lafleur

シャトー・ラフルール

生産地 ポムロール
シャトー シャトー・ラフルール
タイプ 赤/フルボディ/ビロードのようなタンニン、複雑味溢れる香り、バランスがよく洗練されたワイン
格付け なし
栽培品種 メルロ50%、カベルネ・フラン50%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★(4点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★★(4点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★★(3点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

シャトー紹介・醸造工程


このページは現在準備中です。

シャトーの歴史

様々な人の手を経てつかんだ名声

18世紀半ば、シャトー・ラフルールは「ルノワール・ド・ゲイ」というシャトーの一部だった。その後ルノワール・ド・ゲイは、ドメーヌ・ド・ラフルールとシャトー・ル・ゲイに分割され、シャトーを所有していたギノードー家の二人の息子アンリ氏とエミール氏がそれぞれ引き継いだ。

それからドメーヌ・ド・ラフルールは、義理の息子アンドレ・ロビン氏に継承された。彼はこの区画の初代オーナーとなり、その信念である「質は量に勝る」は現在も絶えることなく受け継がれている。

1946年、ロビン姉妹は、ドメーヌ・ド・ラフルールとシャトー・ル・ゲイの双方を継承し、テレーズ・ロビン女史が死去するまで40年近く続いた。姉妹は、当時ラフルールがシャトー・ペトリュスの影に隠れてしまい、脚光を浴びずにいることにひどく無関心であった。

しかし、1981年にジャン・ピエール・ムエックス社が販売権を継承したことから、ラフルールの歴史は劇的に変わる。1985年からシャトーの責任者となり、2002年に買い取った姉妹の甥ジャックと姪シルヴィー・ギナウデューは、「パンセ・ド・ラフルール」と名付けたセカンドワインの生産に着手するなど、さらなる品質の向上に努めた。現在では、ペトリュスを凌ぐことさえできるポムロールで唯一のワインとして、世界中にその名声を轟かせている。

シャトーデータ

主要データ

Ch Lafleur
シャトー・ラフルール
Grand-Village 33240 Mouillac
URLなし
格付け
なし
アペラシヨン
Pomerol
総責任者
Jacques et Sylvie Guinaudeau

畑について

畑面積 4.5ha
年間平均生産量 2万本
作付け割合 カベルネ・フラン 50%
メルロー 50%
平均樹齢
植樹密度

醸造ついて

タンクの種類
樽熟成の期間
新樽比率と樽の素材
PAGE TOP