• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

シャトー案内

Ch Guiraud

シャトー・ギロー

生産地 ソーテルヌ地区
シャトー シャトー・ギロー
タイプ 白/甘口/ロースト香が強く味わいも深い、バニラのニュアンスがありエレガント
格付け 1級
栽培品種 セミヨン70%、ソーヴィニヨン・ブラン30%

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★(3点/4点満点中)
ヒュージョンソン (第5版) ★★★(3点/4点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★(2点/3点満点中)
ゴー・ミヨー (2006年度版) ★★★★☆(4.5点/5点満点中)

シャトー・ギローは、甘口白ワインの一大産地であるソーテルヌ地区に位置する1級シャトーで、市場では【ディケム】に次ぐ高い評価を得ています。

古くは「バイル」という名前でしたが、ギロー家がシャトーを購入したことから現在の名前となりました。三代にわたってワイン作りに没頭した結果、ソーテルヌを代表する貴腐ワインとして知られるようになりました。

その後、ソーテルヌの土地に惚れこんだカナダ人ハミルトン・ナービィが、私財を投げ打ってシャトーを購入、周囲の人間を驚かせるような熱心さでシャトーの改革に取り組みました。貴腐ワインの生産は非常に手間とコストが掛かるものですが、【ディケム】のようにブドウを粒ごとに収穫したり新樽による長期熟成を行ったりと、ワインの品質向上のために出来る限りのことを行ったのです。後に運営に加わった、醸造師のザヴィエル・プランティとともに、名声を確固たるものとしたのです。

しかし、実はシャトー・ギローの畑は、ソーテルヌ地区の中で最も広い面積を持ちますが、他のシャトーの畑からは孤立していて、それほどいい条件だとされていません。それにも関わらず1級の格付けに見合ったワインを作り続けているのは、作り手の熱意によるところが大きいと言えるでしょう。

深く濃い黄金色の中から、かすかにバニラのニュアンスも感じられる、ソーテルヌを代表するようなエレガントなワイン、ぜひ一度お試しください。

シャトー紹介・醸造工程


このページは現在準備中です。

シャトーの歴史

ギロー家の三代にわたる尽力

シャトー・ギローは、当初「バイルの貴族の館」と呼ばれ、サン・ポリーの家系が所有していた。1766年、ボルドーのワイン商人ピエール・ギローがシャトーを購入、現在の名前となった。

ボルドーのブルジョワ商人の家系に生まれ育ったピエール・ギローは、1755年、ボルドーの有名ワイン商人の家系のリンジー・バルゲリと結婚。彼の両親からの贈られた資金を元にシャトー経営に乗り出した。

18世紀末頃から、ややシャトーの評価は落ち込んでいたが、彼の息子と孫、三代にわたる努力の結果、次第に高い評価を受けるようになる。1837年には、この土地に250,000フランの価値が認められたという記録が残っている。

高級ワインとしての評判が定着したギローのワインは、1855年の格付けでは第1級に選ばれている。その後、ギロー家はこの地を手放すことになったものの、40年の間にシャトーの価値は3倍にまで上がっていった。

私財を投げ打ってシャトーを購入

19世紀半ば頃から、所有者が次々と変わっていった末、1933年、農業技師だったポール・リヴァルの20歳の誕生日にシャトー・ギローが贈られた。

1981年、カナダ人のハミルトン・ナービィが、私財を投げ打ってシャトーを購入した。シャトーは50,000フランの資産に加え、膨大なワインと一切の機具を備えた株式会社ドルフィン・ワインヤード・インターナショナルとなり、復活の足がかりとなった。

1982年、植物生理学を学んだ醸造師のザヴィエル・プランティが加わり、畑と醸造所の改革が行われた。1986年から彼はシャトーの代表者となり、ドルフィン・ワインヤード・インターナショナルのもと、シャトー栄光を取り戻すべくワイン作りを統括している。

シャトーデータ


このページは現在準備中です。

PAGE TOP