• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年3月15日

次回は2019年4月中旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

ドメーヌ案内

ROULOT

ルーロ

所在地 ムルソー
主要畑 ムルソー

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) 評価なし
ル・クラスモン (2006年度版) ★★★ (3点/3点満点中)

ムルソー村に1830年設立された【ルーロ】は、コート・ド・ボーヌきっての一流生産者です。比較的お手ごろな価格帯の村名や地域名ワインも手掛けており、高い人気を誇っています。

ワイン評論家のマット・クレイマー氏も、このような評価をしております。

“ムルソーの作り手として輝かしい名声にはいつわりがなく、そのかたわらで蒸留業も営んでいる。”

“ルーロにはペリエールとシャルム(老木)があるものの、1級畑の上にあるすぐれた畑からは、村名格ながら畑名をもつムルソーの優品を、おどろくほどたくさん生産している。レ・ティエ、メ・シャヴォー、レ・ヴィルイ、レ・リュシュなどがそれだが、1級ほど高価でないこうしたワインにこそルーロの真骨頂があり、さがす意義もある。”
(マットクレイマー著 「ブルゴーニュワインがわかる」より)

ドメーヌ紹介

所有畑の紹介

●1級
ムルソー・ペリエール
ムルソー・シャルム
ムルソー・ポリュゾ など

人気が高いのは、やはり1級の『ムルソー』。畑が違うだけで味わいが異なってくるので、色々と飲み比べてみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP