• ボルドーワインを探す
    地区
    格付け
    シャトー
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • ブルゴーニュワインを探す
    地区
    格付け
    ドメーヌ
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード
  • シャンパーニュを探す
    地区
    タイプ
    ビンテージ
    価格
    キーワード

価格更新情報

2019年1月15日

次回は2019年2月上旬頃を予定

代表者メッセージ

特選ワインセット

オールドビンテージ通信

キャンペーン、セール情報、
現地ボルドーの話題など、
お得な情報をいち早く
お届けします!

ビンテージから選ぶ

  • 西暦

  • 本サイトでご入力頂きました全ての個人情報は、SSLにより暗号化して送信いたします。入力するページから情報が流出することはございません。また、お客様より収集させて頂いた個人情報は厳重に保管・管理し、業務以外に用いる事は絶対にございません。安心してご利用下さい。

ドメーヌ案内

GROS FRERE ET SOEUR

グロ・フレール・エ・スール

所在地 ヴォーヌ・ロマネ
主要畑 グラン・エシェゾー、リシュブール、エシェゾー

各ワイン評論家からの評価(1点/0.5点)

ロバート・パーカー (第4版) ★★★★ (4点/5点満点中)
ル・クラスモン (2006年度版) ★★ (2点/3点満点中)

グロ家の歴史は、1804年、ニュイ・サン・ジョルジュの町から2キロほど離れたショーという小さな村に生まれたアルフォンス・グロ氏から始まりました。

このドメーヌの名声を高めたのは、ルイ・グロ氏から畑を分割相続し、1963年に独立した、ジャン・グロ氏です。彼はとても独創的・革新的な人物で、畑の拡張や機械化の促進など、様々な革新に取り組み、醸造方法の開発に貢献したのです。

ジャン氏は、1995年ヴィンテージの収穫後に引退し、3人の子供たち(ミッシェル、ベルナール、アンヌ・フランソワーズ)に畑を分配しました。

ドメーヌは3つに分割され、そのうちの二つは、ヴォーヌ・ロマネを代表するドメーヌ【ミッシェル・グロ】(かつての「ジャン・グロ」)と、現在注目されるドメーヌ【アンヌ・グロ】に。

そして、ルイ・グロ氏の4人の子供の中の、コレットとギュスターブの姉弟が興したドメーヌがこのグロ・フレール・エ・スールです。

あふれんばかりの果実味や優しい口当たり、そして価格帯もお手頃のため、日本でも最もよく知られているブルゴーニュドメーヌの一つになりました。

グロ・フレール・エ・スールのワインは、よく“お買い得”と言われます。それは所有している畑が4つの特級を含み、約20ヘクタールという比較的大きな規模を持つため、価格が安定していることも理由の一つでしょう。

ドメーヌ紹介

所有畑の紹介

●特級
クロ・ヴージョ
グラン・エシェゾー
リシュブール
エシェゾー

●1級
ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ
ヴォーヌ・ロマネ レ・ショーム

●村名ワイン
ヴォーヌ・ロマネ
オート・コート・ド・ニュイ  など

現在、人気となっているのは、2002年からリリースが始まった『エシェゾー』です。それまでもエシェゾーの畑を所有していたのですが、1980年にブドウの木をすべて植え換えたのです。それが特級レベルに達するまでは、村名ワイン『ヴォーヌ・ロマネ』として販売していました。

現在でも、このエシェゾーの区画から収穫されたすべてのブドウが特級になる訳ではなく、品質的に劣ると判断されたブドウは、1級や村名ワインに格下げされるというくらいですから、品質へのこだわりは本物です。

徹底した品質管理により、村名ワインの『ヴォーヌ・ロマネ』でも「品質にばらつきが少なく、安心して飲める」と言われていますので、まずはこれから試してみるのもいいでしょう。

PAGE TOP