2020.10.07
【速報】サンテミリオン随一の丘、コート・パヴィが生み出す熟成ワイン

こんにちは、森山@東京事務所です。

サンテミリオンには2つの丘があります。
ひとつは世界遺産に認定されているサンテミリオンの丘、もうひとつがサンテミリオン随一の高さを誇るパヴィの丘です。
この2つの丘の南側斜面が最も良質なブドウ畑だと言われています。

丘 こちらの写真が、パヴィの丘です。
丘の頂点には石灰岩、麓の方は粘土質の土壌で、メルローに最適なテロワールとなっています。

写真では伝わりにくいのですが、結構な傾斜があり、美しいブドウ樹々が広がります。

今回はこのパヴィの丘から生まれる熟成ワイン数量限定でご案内できることになりました♪

本日の緊急速報はこちら!

超当たり年、2010年ヴィンテージ
隠れたサンテミリオンの銘シャトー
サン・ジョルジュ・コート・パヴィ


サンテミリオン第1特別級Aシャトーのパヴィオーゾンヌに挟まれているという好立地にあるサン・ジョルジュ・コート・パヴィ

そんな素晴らしい立地にあるにも関わらず、シャトー名はあまり知られていません…。
なぜならば、たった5.5ヘクタールしかなく、生産量が少ないから。

サンテミリオンの畑の平均は7ヘクタールですから、平均よりも小さいのです。
ちなみに隣のパヴィは37ヘクタールですから、生産量の少なさはわかっていただけるでしょう。

「コート・ド・パヴィ」として知られる丘の斜面の非常によい位置にある、小さなサンテミリオンの葡萄畑である。(中略)私がティスティングしたことがあるのは1990年、1989年、1988年だけだが、どれもまろやかで、素質たっぷりの、感度の高いサンテミリオンであった。複雑さに欠けていたが、単刀直入でずんぐりした溢れんばかりの黒系果実の香りが、新樽の香りと草っぽいアロマと上手く結び付いていた。私の最良の推測では、これらのワインは8年から12年、あるいはもっと長く持ちこたえるだろう。ここは真剣に取り上げるべきシャトーかもしれない。
『ボルドー第4版』ロバート・パーカー著抜粋

世界的ワイン権威のロバート・パーカー氏にはこのように評価されています。

1873年から家族経営で、家族や知り合いのために細々とワイン造りを行っていたサン・ジョルジュ・コート・パヴィですが、現在の5代目当主に代替わりしてからは、2008年にオーゾンヌのアラン・ヴォーティエ氏に醸造面のアドバイスをしてもらう他、2016年からは天才醸造家と名高いステファン・ドゥルノンクール氏と契約を結び、更なる品質向上を目指しています。

10年の熟成を経てわずかにオレンジがかったルビーの色調
カシスやチェリー、ブラックカラントの果実のアロマにバニラ、そしてかすかにミントのノートが感じられます。
2010年らしい強健で構成堅固なスタイルでインパクトのあるアタック。
タンニンと酸のバランス良く、余韻は非常に長く、しっかりと詰まった味わい
『デキャンタ誌』では90点と高い評価を受けています。

ちょうど飲み頃のサン・ジョルジュ・コート・パヴィ。
今回25本限定のご案内となりますので、お早めに…!


▼ 限定販売 10月7日[水]~ 10月14日[水]

 
限定:25本
特別価格:8,200円(税抜) 
飲み頃:2015 - 2025年

ご注文はこちら
《 ご注意事項 》
※商品の発送まで3~5営業日いただきます。
※数に限りがあるため、ご注文のお受付は先着順に行っております。売り切れの場合はご容赦ください。
※決済完了後の発送とさせていただきます。発送までお時間をいただく商品の場合、決済と発送が同月内の処理とならない場合がございます。
※WEBサイトからのご注文を、優先してお受付します。
メールやお電話でご注文いただいた場合には、ご注文の確定までにお時間をいただくため、ご注文確定までに完売になる可能性がございます。
※注文後の注文数の変更、キャンセルはお承りいたしかねます。

▲商品代金とは別に、クール便送料1,500円(税抜)がかかります。

あらかじめ、ご了承ください。
オールドビンテージ・ドットコムTOPへ
お問い合わせ
オールドビンテージ・ドットコム Facebook
LINE

メールマガジン【ビンテージワイン通信】は、ボルドーワイン専門店オールドビンテージ・ドットコム」にて配信を希望された方にお送りしています。
購読停止・メールアドレスの変更などはこちらから>>

※本メールは配信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

\当店の姉妹サイトもぜひご利用ください!/

世界のチーズ専門店【オーダーチーズドットコム】