2017.06.22
【パーカー氏大絶賛】
プチDRCとして名高い、ブルゴーニュの人気ドメーヌ

こんにちは、水内@東京事務所です。

先日某百貨店が主催する販売会に、当店も参加させていただきました。

聞いたところによると、ロマネ・コンティをはじめ、当店が得意とするヴィンテージワインに多くの方が興味を持ってくださり、大変盛況だったようです。

中には当店の頒布会を長年お取りいただいている方もいらっしゃり、当店バイヤーの青野も大変感動していました!

一度は有名なヴィンテージワインを楽しんでみたい、と思いつつも、ロマネ・コンティをぽんと買うのはなかなか難しいものです。

そこで今回は、ブルゴーニュの人気ドメーヌで、“プチDRC”として名高いドメーヌ・ド・ラルロのワインを特別価格でご紹介します!

是非この機会に、ブルゴーニュワインの良さを味わってみませんか?

本日の緊急速報はこちら!

プチDRCとして名高い、ブルゴーニュの人気ドメーヌ
【ドメーヌ・ド・ラルロ特集】

▼ 限定販売 6月22日[木]~ 7月6日[木]まで

ドメーヌ・ド・ラルロ特集

フランス二大銘醸地の一つ、ブルゴーニュ。
「黄金の丘陵」と呼ばれるコート・ドールにはDRCをはじめ超高級ワインが名を連ねます。

今回ご紹介するドメーヌ・ド・ラルロは何百年という歴史を持つドメーヌが多い中で、1987年に誕生した比較的新しいドメーヌです。

ですが、そんな出来たばかりの新参者に対して、なんとあのロバート・パーカー氏が大絶賛したことで、注目を集めます。

“世紀単位で時間をはかる悠久のブルゴーニュに、新しいドメーヌの出現は稀である。からして、このドメーヌの誕生はここ数年で何よりも頼もしい出来事といえる。(中略)最初の2度のヴィンテージでは申し分ない出来栄え。ワインは非常に香り高くアロマ豊かで、上品で美しいピノ・ノワールの果実味にあふれる。ドメーヌ・ド・ラルロはニュイ・サン=ジョルジュ期待の星で、アペラシオンきっての生産者となる力を秘めている。”
『ブルゴーニュ』ロバート・パーカー著より

その後も評判を守り続け、現在ではブルゴーニュを代表するドメーヌの一つにまで成長しました。

今回はそのラルロのワインの中でも特に出来が良かったヴィンテージのものを厳選してご案内いたします。数量限定のため、先着順とさせていただきますので、 ご注文はお早めに!

▼ 限定販売 6月22日[木]~ 7月6日[木]まで

 
限定数:2本
特別価格:13,300円(税抜)

★PP93-95点
ラルロが所有するモノポール(単独畑)の1つ「クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ」。同じくラルロのモノポールである「クロ・ド・ラルロ」と比べると、男性的なたくましさや力強さを感じられるスタイルと言われています。

“新鮮な切り花、スパイス、赤い果実の香りが織りなされている。最初は控えめであったが、コート・ド・ニュイらしいストラクチャー。2020年~2030年まで飲み頃が続くだろう。”
『The Wine Advocate #199』より一部抜粋訳
ご注文はこちら
 
限定数:9本
特別価格:22,000円(税抜)

★PP93-95点
エシェゾー、ロマネ・サン・ヴィヴァン、 リシュブールといった特級畑に隣接する1級畑、レ・スーショ。すぐれた造り手によって生み出されるワインはスパイシーな風味とブドウ本来の味わいが顕著に表れた、上品さと力強さを兼ね備えたワインになると言われます。

“最初から最後までエレガンスさが感じられる。黒系果実が織りなす甘く絹のようなタンニン。官能的で目眩のするこのワインは、魅力的で調和がとれ、他を圧倒する。飲み頃は2019年~2029年まで続くだろう。”
『The Wine Advocate #194』より一部抜粋訳
ご注文はこちら
 
限定数:1本
特別価格:68,000円(税抜)

★PP92点
“シナモン・ココナッツ・キャラメルのニュアンスを秘めた、奥行きのある、リッチな、プラムやブラックベリーのアロマ。空気を含ませるとジビエやなめし革のような香りも。豊かで緻密なタンニンが長い余韻を楽しませてくれる。”
『The Wine Advocate #171』より一部抜粋訳
ご注文はこちら
《 ご注意事項 》
※別途冷蔵送料1,500円(税抜)がかかります。
※ご注文確定から3~5営業日で発送いたします。
※他社輸入商品ですが、すべて当店の国内セラーで検品・保管を行っているワインです。
※数に限りがあるため、ご注文のお受付は先着順に行っております。注文後、完売になっている場合がございます。
※WEBサイトからのご注文を、優先してお受付します。メールやお電話でご注文いただいた場合には、ご注文の確定までにお時間をいただくため、ご注文確定までに完売になる可能性がございます。
※注文後の注文数の変更、キャンセルはお承りいたしかねます。

あらかじめ、ご了承くださいませ。

 ジェニファーのワインに合う料理レシピ

【第5回目】海老とアボカド詰めトマト
「海老とアボカド詰めトマト」は夏の定番です。
ご存じのように、フランスは日本ほど湿気はありませんが、やはり夏は暑いです。 暑さをしのぐために、フランス人も夏になるとさっぱり系のお料理をよくいただきます。

夏の市場でトマトは箱ごと買って詰めたり、... 続きを読む

(あとがき)
ワイン学校に通っていると、半分くらいの方が好きなワインは?という問いに「ブルゴーニュ」と答えるそうです。

私はまだまだ飲む機会が少ないのですが、やはり“通”な方にとって(「ブルオタ」という言葉を初めて聞きました!)、ブルゴーニュは奥が深いみたいですね! そんな方たちと語り合えるくらいになりたいものです。

オールドビンテージ・ドットコムTOPへ
お問い合わせ
オールドビンテージ・ドットコム Facebook

メールマガジン【ビンテージワイン通信】は、ボルドーワイン専門店オールドビンテージ・ドットコム」にて配信を希望された方にお送りしています。
購読停止・メールアドレスの変更などはこちらから>>

当店の姉妹サイトもぜひご利用ください!

世界のチーズ専門店【オーダーチーズドットコム】   ロマネコンティ専門サイト【ロマネオンライン】